プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

ブルノーズプレーン登場

Veritasのブルノーズプレーンが届きました。

早速のバラバラ事件です。
これはこの手の金属の工具を買った場合(特に輸入品)は表面に必ず錆び止め処理がコーティングされているので、石油系溶材で拭き取ってから通常の皮膜を形成しない錆び止めを塗布します。
もちろん、どういう構造になっているのか各部を穴のあく程見て触って確かめておかなくてはなりません!(笑)

Img_3638

ブレードをセットした所です。
このカンナの特徴としてこの状態で、チゼルプレーン(ノミカンナ)として使用で来ます。

Img_3640

そしてトゥピースを取付けるとブルノーズプレーンとなります。

Img_3641

裏から見ると・・・トゥピースは前後に調節できますので刃口をできるだけ狭くすることで一枚刃ですが逆目をある程度押さえることができます。
精度のよい機械加工がされており、1本のネジを締めるだけで本体のブロックとトゥピースの作る左右の面が気持ちいい程ピタッと合います。

写真ではブロックの巾よりブレードの巾がわずかに広いですが、用途によって両面を使う場合はブレードの巾をブロックの巾にぴったり合わせて研磨しなくてはなりません。(和鉋のように用途によっては自分で仕上げなくてはなりません。)

今まで購入したプレーンのブレードの刃裏は砥石の研磨痕が残っていましたがこのブレードの刃裏はラッピングか電解研磨したようなマット面になっています。刃表には砥石の痕が残っていましたが説明書には「さらに良い切れ味を求めるには研ぎ直して下さい。」と書いてありました。

Img_3642

このカンナの一つの使い道としてこのような組立ててしまった入隅直前までをブルノーズで仕上げて、後の10mm弱をチゼルプレーンにして削れば完全に隅までカンナ掛けができます。

Img_3643

ローアングル(ベッド角度15°、刃先角25°)なので木口もきれいに削れますがトゥの長さが短い分、削り始めが安定しません。これはやはり専用のローアングルプレーンの出番です。

ブルノーズプレーンは結局、用途が限られてきますが、他のカンナではできない、ノミでは精度を保つのがちょっと難しいといった場合に活躍してくれるでしょう。

Img_3647

和鉋にも似たようなのがありました!
その名も「隅突き鉋」です!!

和鉋ですが押して使うんですね!(笑)

20150731_190121

20150731_190144

2015年7月30日 (木)

洋カンナの収納箱完成

収納庫の扉ができたので蝶番取付のための加工をトリマーでします。

扉はトリマースタンドで加工しますが収納庫本体の方はストッパー付フェンスを使ってトリマーを手持ちで加工します。

このポーターケーブルのトリマー7310は少し大きめで日本人にはちょっと使いにくいかもしれません。(私は手が大きいのでノープロブレム!)ベースもアルミ製でがっしりしていますがその分光の入る方向が限られるのでビットの先端が見にくいです。面取りやテンプレート、ガイドを使う場合はあまり問題にはなりません。ベースの高さ微調整機能が付いていますが動きが渋く使いにくいです。動作音は日立やマキタより静かですがこれは115V用を100Vで使用しているためかもしれません。100Vdw使ってもパワーはじゅうぶんにあります。
用途に応じて日立、マキタと使い分けていますが、今回は単に1/2"のストレートビットがたまたま付いていたので使っただけです。

Img_3622

きれいに収まりました。
この後、一旦本体から外してオイル仕上げをします。

Img_3621

完成です。そこらにあった材料を使ったのでマチマチですが・・・枠は椨、鏡板は捻れて18mm厚の板にできなかったサペリを12mm厚まで落として使いました。

Img_3632

明日、新しい小型の仲間が入居して来る予定ですが、すでに満室です!(笑)

Img_3634

反対側の収納庫も完成! こちらは扉の枠にも欅を使ったので割と揃っております。

Img_3636

2015年7月27日 (月)

洋カンナの収納箱設置

枠が出来上がったので早速窓に嵌め込んで取付け完了。

左は10年以上前に作ったノミ収納箱ですがこちらはすべてチーク材で贅沢な造りです。この中のノミはよっぽどのことがない限り錆びません。

Img_3617

バンドソー側から見た裏側の写真です。とてもきれいに収まりました。

Img_3616

早速、カンナマンション営業開始です。

えっ、扉がないので風通しが良すぎるし、プライバシーが守られないって!!
はいはい、そのうちに・・・

Img_3618

ドアを挟んで左側の窓にも同じ造りの収納箱を取付けました。こちらは製材工房側が表となります。
こちらの入居者はまだ未定ですが、すぐに完売すると思います。

Img_3619

こちら側は窓枠が傾いているので取付けには苦労しました。なんせ丸太組の小屋が母体の建造物ですから垂直や水平の出てない部分があるのでカンナマンションの3倍以上時間がかかりました。

これで少しでも散らばっている物が整理できて工房も徐々にかっこ良くなって行くのでご期待下さい。

Img_3620

2015年7月26日 (日)

洋カンナの収納箱

ずっと前からの懸案だった洋カンナの収納箱をやっと作ることにしました。
洋カンナは台が鋳鉄のため、この時期ちょっと油断すると錆びるんです。
刃は防錆油を塗っているので大丈夫ですが台は使う時に素手で触ったりしてすぐに油分が落ちてしまうので・・・

設置場所はメインの工房と建て増しした製材工房の間の窓なので窓の枠の寸法に合わせます。
材料は本体が私はあまり使わない欅と(板目で超硬い!)裏板はタモの薄板です。
本当は油分の多いチークにしたかったんですが、適当な厚みの板がなかったので良く乾いた欅にしました。
棚板はチークです。(笑)

扉は・・・枠ができてから考えます。

Img_3599

裏板は4枚矧ぎでトリマーで本実加工をします。(接着剤は付けません。)

Img_3600

枠はあられ組にしたかったのですが時間がかかるので手を抜いてビスケットで超簡単に接合します。
(へたなあられ組みより強いかも・・・)

タイトボンドをたっぷり塗ってベルトクランプで締め付けておきます。
棚板は取外し式です。

Img_3603

いちびってカンナを置いてみました。

うん、なかなかいい感じ・・・。

Img_3602

2015年7月23日 (木)

サペリの共鳴箱完成

天板と本体を接着するのに必要な当て木、クランプ、ビスケット、ヘラ、竹串、濡れ雑巾等を手の届く所に用意します。
ビスケットの数は16枚、この季節接着剤の乾きが早いので時間との勝負です。
接着剤を塗ってから道具を探していたのでは間に合いません。

一番上のジグは側板下部の半円部分にクランプを掛けるための物で左右を連結しておくと半月型の当て木が逃げないので的確かつ迅速にクランプできます。

Img_3578_2

まず、実際にビスケットを何個か挿入し、天板を当て木を介してクランプし、予行演習を行うと同時に各部の当たり具合やクランプの位置を確認しておきます。タイトボンドを塗る順番や方法も頭の中でシミュレーションしてから一旦バラして本組立に入ります。

Img_3576

今回使ったBesseyの600mmクランプの重いこと!!
1本4kg近くありますから4本で16kg! 共鳴箱より遥かに重いです(笑)
しかし懐が120mmと深いのでこの共鳴箱のように天板が張り出す形の時はいつものポニークランプでは力が偏ってうまく締められません。また懐が深いのではみ出た接着剤を拭き取るのがとても楽です。この重さには閉口しますが・・・

Img_3579

タイトボンドは3時間も圧着すればクランプを外してもOKです。
天板に仕上げのペーパー掛けをして背板を取付け、組立て完了です。

Img_3581

・・・で、さっそく試聴を・・・

ウ〜ン、そんなによく鳴るという感じではないですが、ナチュラルで暖かみのある優しい音です。

Img_3584

オイルを塗って乾燥中、あと一週間くらいで仕上げが完成です!

Img_3585

2015年7月22日 (水)

サペリの共鳴箱-4

天板の飾り面加工とビスケットの溝加工ができたので、接着する前に本体のオイル下塗りをしておきます。
オイルを塗ると深みのあるいい色になりました。

今日は雨が時おり強く降るのでオイルを塗布して早々に脱出?しました。

Img_3575

2015年7月21日 (火)

サペリの共鳴箱-3

朝の明るく涼しいうちにヘッドルーペを頭に装着して仕上げ彫りが完了しました。

MVSICA DONVM DEI 「音楽は神の贈り物」というラテン語の格言です。
昔のラテン語では"U"に"V"の文字が使われていたらしいです。綴りの誤りではありません。

Img_3564

上部の響板と接合

Img_3563

側板を接着して一晩クランプで圧着しておきます。

後は天板と裏板を取付ければ組立は完了です。

Img_3570

新ジャガの差し入れ

今日は布袋さんが伊賀の畑で収穫した新ジャガを持ってきてくれました。
お昼にはじゃがバターならぬマヨじゃがまで!!

これはジャガイモ好きに取っては何よりのごちそうです!
ちょうど昼食のパンをかじっていた所ですがマヨじゃが3個も食えるかな〜?
という心配は杞憂に終わりました。3個完食です!(笑)

さすが「きたあかり」の新じゃがだけあって、ホクホクして最高に美味かったです。

Img_3568

最後の1個のマヨじゃがですが、奥のパンはお勧めの「レーズンとクランベリーのフランスパン」です。
実はこれ、入っているレーズンとクランベリーの量が半端ではありません。普通の葡萄パンみたいにレーズンを探しながら食べなくてもパン生地と同じくらい入ってます!

7-イレブン、¥130です。 売り切れないうちにどうぞ(笑)

Img_3569

そして今夜は夕食にも特大のジャガバターをいただきました!

布袋さん、ありがとうございました。

開通!

工房村の奥のAさんが崩れた土砂をユンボでなんとかするので1本残っている倒れた木を切ってくれへんか?と言って来られたので、もちろん待ってましたとばかりに二つ返事で行きました。2tトラックの荷台からなら余裕で切れます!
こんなこともあろうかとハスクさんにはガソリンとオイルを入れたままで待機してもらっていたのでばっちりです。
今日は布袋さんもお隣さんも来てくれたのでみんなで切れば怖くない!?

めでたしめでたし! 一応開通です。注意して走行すれば小型車なら通れます。

Aさんは我々遊び人と違って左官屋さんなのでトラックが使えないと仕事に差し支えますので死活問題です。

で、私と布袋さんは切断したクヌギをちゃっかり荷台に積み込んでいただいて帰りました!(先日切って転がしてあったヤツも)・・・ただでは帰らんやっちゃなぁ・・・

Img_3571

今日は市役所の係の人も視察に来てくれたので例の路肩部分も何とかしてくれるでしょう。

とりあえずは路肩に寄らないようにパイロンを立てて行かれました。
最近は注入凝固剤等もあるようなので案外早く修復工事ができるかもしれません。
ひとまずはやれやれです。

Img_3572_2

2015年7月20日 (月)

サペリの共鳴箱-2

側板に響板を大入れで嵌め込むための溝をトリマーで彫ります。左右が正確に対象になっていないと共鳴箱が捻れてしまうのでトリマーガイドを慎重に設定して加工します。

Img_3561

響板、幕板の長さを割り出して直角切断ジグに長さガイドをセットしてピッタリ同寸法にカットします。
精度は0.1°、±0.1mmを目指します。

Img_3553

各部材にビスケットジョイントの加工をします。

Img_3562_2

仮組して各部の当たりを確認。
修正が必要な場合はこの時点でしっかり修正しておきます。

Img_3555

下側の響板の幕板を接着、17.5°の角度が付いているので通常のクランプの締め方では滑って止められません。
専用のジグを作ってクランプで締めます。

Img_3560

上側の響板の幕板には彫刻を入れるので接着前に彫刻します。
今日は粗彫りが完了しました。明日、ヘッドルーペを使って仕上げ彫りをします。(これが超疲れる!!)

Img_3559

困った!!

今回の土砂崩れで一番深刻なのがこの路肩の崩れです。

放っておけばまた雨が降れば崩壊して行くし、早急に直して欲しいんですがこれは大工事になりそうです。

Img_3556

ちょうど路肩の庸壁の切れ目の部分で、この杭より奥には元々庸壁はありません。
この下は砂防ダムがあって、このあたりでは一番谷が深い所です!

Img_3557

2015年7月19日 (日)

金工の脇役達

オルゴールのストッパーや外付けパーツを真鍮等で作りますが、そんな時に活躍してくれる傍役達です。

左からスクラッチオール、フラットノーズプライヤー、ケガキ針です。

Img_3523

スクラッチオールの先端角は75°くらいです。これはどちらかというと金工より木工で活躍するシーンの方が多いかもしれません。ケガキには適しませんが、木材にドリルで穴を開ける時のセンターポンチや旋盤加工時のセンターマーキングに重宝します。柔らかい木の場合は強く垂直に押し込むだけで、ドリル加工不要です。
薄い真鍮板や銅板にはセンターポンチよりこれで軽く押し付けた方が周囲が凹まず、きれいにマーキングできます。

それより一番重宝しているのは小さな蝶番の木ネジ穴のセンターマーキングです。絶妙な先端角と太めのシャフトで、四つ目錐やケガキ針より正確なマーキングができます。またシャフトが柄の中を貫通しているのと柄もいい形なので、何かのついでに注文したのですが、これは大当たりでした!(ついでに買った位ですから値段もそんなに高くなかったです。)

Img_3526_2

フラットノーズプライヤーは小さい真鍮板の曲げ加工時等に使用しますが、内側の滑り止めのギザギザを落として先端は砥石で研磨しています。これは柔らかい真鍮板に傷を付けないためです。
(ラットノーズプライヤーのギザギザは普通のラジオペンチに比べると小さいですが、それでも強く挟むと傷が付いてしまいます。)

Img_3524

ケガキ針は3mmの丸ヤスリの先をグラインダーで円錐状に研磨しただけの物ですが、市販のケガキ針よりずっと使い易いです。

Img_3527

土砂崩れ

昨日のミーティングで歩いてなら通れるとの情報を得たので今朝はさっそくMTBで・・・

一番目の崩落部分、ブッシュがちょっとじゃましますが、まぁここは通れますね。

Img_3537

二つ目はこの通りでこれはちょっと重傷です。
下の2本の倒木はMTBを担いで跨いで通れますがいちいちめんどくさいので一旦工房に行ってチェーンソーで切ってしまいましょう。

Img_3540

夏期休暇中のハスクさんにご登場願って下の2本をバッサリと切りました。ものの5分とかかりません。
ハスクさんはすでにオイルやガソリンも抜いてあったのでその準備の方が時間がかかりました。

Img_3550

この1本は自転車でもそのままくぐり抜けられるのでそのままです。
これを切るのは位置が高いので非常に危険で一人では無理です。
大きな石もどけたのですっきりしました。

Img_3547

しかし、この崩壊部分は崖崩れの対策をしてもらわないと、雨が続けばまた確実に崩れますね。
右手の3本の木も切らないと根が一部むき出しになっているので倒れる危険性大です。

写真は撮りませんでしたが崖側の路肩が大きくえぐられている場所もあり、あのままではトラック等の重量車が通るのは危険です。

Img_3548

とりあえず、自転車や徒歩では問題なく通過できるようになりましたが荷物の運搬時等は車の通行が不可欠ですので何とか早く復旧、改良工事をしてもらいたいです。

2015年7月18日 (土)

通行止め!!!

今朝いつもどおり工房へむかうと、ニューイングランドの入口で”通行止め” !!

昨日は昼前からずっと激しく降り続きましたから・・
何時土砂崩れが発生したのかわかりませんが、昨日は昼過ぎには(危険を察して?)帰ったのが正解でした!

早く復旧して欲しいですが、ここは生活道路ではないのであとまわしでしょうねぇ・・・。

というわけで今日は夕方から京・木工クラブのミーティングもあるので家でおとなしくしています。(笑)

Img_3533

2015年7月17日 (金)

サペリの共鳴箱

サペリの材料が何とか確保できました。

このサペリはくせ者でした!
合計6枚の40mm厚のサペリを2枚に挽いて、結局16mm厚で使えるのは6枚でした。(残りはもっと薄くするか短い物にしか使えません。)
響板は捻れのない部分を接ぎ合わせて幅広の板を作ります。

Img_3528

一晩圧着したあと、目違いを払い、平面を出します。

Img_3529

角度の必要な物は手押しで木端を所定の角度に削ります。

Img_3531

今日は雨が強くなってきたので作業終了です!

2015年7月16日 (木)

マイクロプレーン

これも先日からの工房整理で出てきた物ですがこれはヤスリ(File)ではなくてマイクロ”プレーン”ですからカンナですね。

たしか20年以上前に渋谷か池袋の東急ハンズで買ったように記憶していますが、あったことをすっかり忘れていました!

写真のように替刃式で平面(わずかに中央が凸)、V字(直角)、半丸の3種類がありました。

早速、樺の端材を削ってみました。木口面をこれだけヤスリで削るのは並大抵ではないですが、あっという間にこのとおり。
でもけっこう力はいります。(樺も硬いですからねぇ)

Img_3516

削った面はけっこうきれいで、ヤスリではこんなにきれいに削れません。

Img_3522_2

削くずは、小さいながら正に鉋屑です。

Img_3519_2


ブレードをよく見ると確かに小さなカンナの寄り集まりです。
う〜ん、何かに似ています。そう、おろし金です!!

Img_3517

メーカーのことも気になったので調べてみると元々はアメリカの木工用の工具メーカーですが現在は料理用のおろし金の方が有名で日本では料理用しか手に入らない?ようです!!
この他にもいろんな種類があるようです。

アメリカの主婦がオレンジの皮を摺りおろすのが上手く行かずにガレージかどこかにあった木工用のマイクロプレーンを使ったところとても良く削れたのがキッチン用マイクロプレーンの始まりらしいです。

20150716_190409

チーズをおろしたところですかね、カンナ屑です!!

20150716_190347

私も今後木工には使うことがなかったら、家に持ち帰っておろし金にします(笑)

2015年7月14日 (火)

サペリの製材

音の椅子もほぼ終わったので次は一緒に注文いただいた共鳴箱です。
材質はお任せとのことなので、今回はサペリを使ってみることにします。

半乾燥材を1年以上桟積みしてあった38mm厚のサペリを2枚に割ります。

と、ところがバンドソーで挽いていくと片方が見事に反って分かれていきます!

乾燥は充分にできているし、元の材も反りや捻れはなかったので、これは木の内部にストレスがかかっていたようです。

手押しで修正してプレーナーを通すと結局16mm厚になってしまいました。
この材はしばらくこのまま放置してまだ変化するようなら長い部材としては使えません。

木材というのは切ってみないとわかりません。行儀のいい子も居れば、このように「さいなら〜」と分かれて行く物や分かれるのはイヤダーとブレードを締め付けてバンドソーを止めてしまう子もいます。

痕の2枚は大丈夫だったのですが,仕方がないので明日もう1枚挽いてみることにします。

Img_3515

夏の空

今日は、じりじりと照りつける太陽、もう夏の空ですね。
風がけっこうあるので日陰にじっとしていればそんなに暑くは感じませんが・・・

昼食後はこの青空を眺めながらの昼寝がいちばん!! ごくらくじゃ〜

Img_3511

2015年7月13日 (月)

音の椅子 彫刻完成

ジグソーの刃の痕をヤスリできれいにします。
この細目の半丸ヤスリ1本で仕上げます。彫刻刀やナイフを傷めるのでこの時点ではサンドペーパーは使いません。

Img_3500

彫刻完了です。

Img_3502_2

全体を#400までサンディングしてオイルで拭き、指触乾燥後、笠木のホゾに接着剤を付けて圧着します。
笠木はクラロウォールナッツです。

Img_3504

この後、研磨、オイル拭きを何回か繰り返して乾燥後、組立てします。

最近、湿度が高いのでオイルの乾きが遅いです。(乾燥したように見えてもずっと触っているとべとついてくる)
1週間はかかりそうですね。秋なら2日で乾くんですが・・・

2015年7月12日 (日)

音の椅子 背板の切り抜き

背板の笠木のホゾをトリマーで加工します。厚さを慎重に決めて、左右は手鋸で挽きます。

彫刻部分の要所にボール盤で穴開けして、ジグソーで切り抜きます。細い部分は特に慎重に・・・

側面の曲線をバンドソーでカットし、切り口をスピンドルサンダーで整えます。

背板のだいたいの形ができました。

Img_3496

笠木のホゾをノミで削って程よい固さに調整しておきます。

Img_3494

側面を曲面用のペーパーホルダーで仕上げ、裏面はチャンファービット、表面はボーズ面ビットで飾り面を取ります。

今日の作業はここまで、明日はいよいよ小鳥の彫刻です。

Img_3497