プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

寄せ木のデコレーション入りオルゴール-4

天板の回りに縁取りの木を貼付けます。
ウォールナッツは山桜、サテンシカモアと黄檗にはローズウッドの縁取りをします。

ウォールナッツの箱は側面に緩いアールを付けるので上部のアール加工後、蓋と実に切り離します。

Img_4517

ウォールナッツの箱も切り離しが完了して、他の箱の行程に追いついてきました!

Img_4520_2

蓋の上部にもゆるやかな丸みを付けます。

この杢はどちらから削っても逆目が起きやすいので鉋の刃の出をほんのわずかにして、刃口も狭めて4方向から削ります。

Img_4522

寄せ木シリーズ3台の形がほぼできました。

Img_4523

2015年10月29日 (木)

工房村にソーラーパワープラント出現!

お向かいのSさんの敷地にソーラーパネルが出現しました!!

主に灯りや夏場の扇風機用として使われるようですが、オービタルサンダー程度の簡単な電動工具なら充分使えそうです。

使用感等聞いて、よかったら我が工房にも導入しようかな?

Img_4487

2015年10月28日 (水)

寄せ木のデコレーション入りオルゴール-3

昨日接着した箱を蓋と実に昇降盤で切り離しますがブレードの高さを調整して左右は0.5mm程度残してカットします。
これは完全に切り離してしまうと高速回転のブレードで切り離された蓋が傷ついてしまったり最悪の場合はキックバックでオシャカになってしまうのを防ぐためです。残った左右の0.5mmは手鋸でゆっくり切断します。

Img_4501

手鋸で切断した残りとわずかな目違いを豆鉋できれいにさらいます。

Img_4504

これは寄せ木シリーズではありませんが同時進行している曲面を取り入れた箱の上半分をイメージの曲面になるまでひたすら鉋で削ります。

蓋と実を切り離す部分が曲面の途中なので先に切り離すとカーブが合わなくなってしまいます。
下半分は切り離し時に基準面が必要なため、後で加工します。

ライトを点けないとウォールナッツに書いた鉛筆の基準線が見えません!(笑)
このライトは充電式のLEDランプなので発電機を回さなくてもOKです!

Img_4511

天板側はすでに丸みが付いて基準面として使えないので脚側に当て板をクランプして切断します。
やはり左右の切断時は0.5mmずつ残してカットします。

Img_4512

下半分の曲面を鉋で削って、サンドペーパーで整えます。

Img_4513

ほぼイメージのフォルムに仕上がりました。

Img_4515

さっそくムーブメントを取付けて試聴です。

第一印象は、輝きのある音?でした。

Img_4518

2015年10月27日 (火)

寄せ木のデコレーション入りオルゴール-2

箱の前板、後板、側板を切り出して、規定の長さに合わせてペティワークで正確に45°に留め切りします。
スプルースの響板は以前に作ってあった在庫標準品を使います。

Img_4465

各板の内側に響板、アクリル板受け、天板のはまる溝を切ります。今回は昇降盤の平行ガイドを正確にセットしてフラットカット用のブレードで加工しました。

Img_4472

天板にも溝を切り、嵌め合いや収縮分のクリアランスを確認しておきます。

Img_4495_2

Img_4473

響板も同様に、特に響板は接合が緩かったり隙間があるとビビリが出たり、クリヤーな音で鳴ってくれませんから慎重に厚みを調整します。
嵌め合いの固さは樹種によっても微妙に変えます。硬めの響板はわずかにきつく、スプルースはもう少しきつ目、もっとも柔らかい桐の場合はさらにきつくしておきます。

自動カンナでではあっという間に削り過ぎてしまうので+0.3mmくらいに仕上げて、あとは手で削ります。

Img_4491

少しずつ削っては厚みを確認します。
サンドペーパーを使うと両端がどうしてもダレるので最後に#400をサッとかける程度にします。

Img_4492

寸法も重要です。繊維方向(横)はほとんどピッタリに、前後方向は収縮、膨張を考慮して−1mm程度にします。

Img_4489

基本的に響板は接着はしないので組立てる前にオイル塗装をします。ただし溝にはインシュレーターのつもりで少量の木工ボンドを塗っておきます。(タイトボンドは固まると硬度が固いのでこの用途には使いません。)

Img_4490

響板の厚み、寸法が仕上がったらゲージを使ってムーブメントの取付け穴をマーキングし、孔をあけます。

Img_4493

接着剤を塗って一気に組み立てです。クランプして一晩置きます。

Img_4499

2015年10月26日 (月)

カフェ・モンタージュ

はい、やってきました。おなじみのカフェ・モンタージュ

今日はいつもの夜のコンサートではなく真っ昼間、午後3時のカフェです。(えっ、私にしては遅いって?・・・それはここの開店時間が3:00pmなんです。)

昼間でもこのトレードマークのランタンが出迎えてくれます。

Img_4476

じつは今日は例のポルタティーフ・オルガンの側板とふいごの裏板に時の音色さんに絵を描いてもらうための打合せと現物の引き渡しにカフェ・モンタージュを選んだのです。

さっそく注文しなければなりません。いや、絵ではなく飲物です!

アフターヌーンティということで、時の音色さんはハーブティー、私はアップルシナモンティーを注文しました。
ついでにケーキも! 今日のケーキは「タルト・ショコラ・オー・ド・ヴィ」・・(とても覚えられへんな!)

アルコール入りのショコラムースを焼きがためてあるんですが洋酒ではなく宮崎の芋焼酎なんです!!
表面はカリカリ、中はしっとりして器のビスケットも固すぎず、実に絶妙な味でした。
もちろん紅茶も飲み易くいい香りで、またこのガラスのカップとソーサーが紅茶の色を引き立ててくれるんです。
特に私の座った方からは少し照明を落としたカフェ内に差し込む外からの光がその色をさらに美しく見せてくれます。
以前訪れたライン川沿いの洞窟内のワイナリーで外光にかざして見たルビー色のロゼワインを思い出しました。

食べさしの写真ですんませ〜ん。
新品の写真はこちらを参照下さい。
https://www.facebook.com/Nowhereman詩と洋菓子-347101358641047/

そうでした! 絵の方は気心も知れていますから、現物を見せて私のイメージを伝えるだけで後はおまかせ!
どんな絵が描かれて来るか今から楽しみです。・・・ワクワク。

Img_4477

このユニークなスポットライト!
そうです。工事現場用の一番安いライトです(笑)
電球はスポットライト用に交換してありますがこの見慣れたクリップオンの金具と針金のガード!
通常の使用では先端のU字状の針金は内側に向けて使い、飛散物や物が当った場合の電球の保護の役目をするんですがここでは花びらのようにフルオープンで天井のあちこちにぶらさがっております。
そしてこれらが他のアンティークで品の良い調度品となぜか絶妙にマッチしているんです!

Img_4478

カフェの中央奥にデンと構えているグランドピアノ、スタインウエイ&サンズ(ニューヨーク)製ですがかなり古そうな物で黒の塗装も現代のピカピカの光沢ではなくとても落ち着いたマットです。オーナーのTさんに聞くと100年くらい昔の物だそうです。

Img_4479

この楽器は、ヴァージナル(チェンバロの一種)かと思ったのですが、尋ねるとクラヴィコードでした。

主に北ドイツで使用された鍵盤楽器ですがC.P.E.バッハ等がこの楽器のための曲を残しています。
チェンバロよりもさらに音が小さいので一般的なコンサートで演奏されることはまずないのですがここの空間なら充分に使えると思います。以前に何度かコンサートにも使ったらしいですが、是非聴いてみたいものです。

オーナーのTさんは調律もされるとのことですのでこのクラヴィコードや前のピアノもご自身で調律されるようです。

Img_4480

この他にもバロックリコーダー等が並べられています。
これらを見るだけでも古楽器好きにはたまりません。

そしてこのカフェの音響装置の出口・・・スピーカーは名器、「タンノイ、オートグラフ」です。
昔のクラシックファンのオーディオマニアの憧れの的です。ただし、このスピーカーシステムはうまく鳴らすのが非常に難しいと言われていました。

今日はこの町中の隠家の様な心地よい空間で若い頃の憧れのスピーカーから流れて来るバッハやメンデルスゾーンのLPの音楽に耳を傾け、楽しいお喋り(否、打合せ?)にあっという間に時間が過ぎてゆきました。

Img_4481

2015年10月23日 (金)

A-テーブル完成

朝からA-テーブルにオイルを塗って乾燥待ちです。

Img_4466

空気が乾燥しているので乾きが早いです。
午後3時ごろにはもう指触乾燥状態なのでボルトで組立てて、天板受け部分にコルクシートを接着し、ガラス天板を乗せて重し代わりに・・・早速写真も撮ってみました。

明日もう一度バラしてスチールウールで研磨した後、ノーマルクリヤーで磨いて完成です。

Img_4470

2015年10月22日 (木)

A-テーブルの製作-3

メインポストと"A"がボルトでつなげるようになったのでガラス板がきれいに収まるようにトリマーで円弧状に段を付けます。

捨て板の合板をクランプで2カ所固定して特製のコンパストリマーで彫り込みます。

Img_4461

250Rの円弧がきれいに加工できました。

Img_4462

特製のコンパストリマーです。
ベースはNTカッターの”円切りカッターのアームにトリマーベースを取付けた物です。

Img_4464

裏から見たところです。
実は以前に作ったこのトリマーベース部分を落として割れてしまっていたので今回、桜材で作り直して復活しました。

以前に作った物は板厚が薄かったのと木目方向がアームと並行していたので割れ易かったようです。
今回は板厚を充分に取って木目方向も変えたので多少のことでは壊れないと思います。
70〜450Rまでの円加工ができます。

Img_4463

2015年10月21日 (水)

A-テーブルの製作-2

A-テーブルの部材の機械加工がほぼできました。

当初"A"の部分はウォールナッツで考えていましたが、デザイン上細い部分が多くなるので割裂しにくく強度の高いブラックチェリーにしました。メインポストはカリンです。

Img_4458

メインポストと"A"を仮組してガラスの天板を乗せ、切り欠き部分をマーキングします。

Img_4456

メインポストを接着してくランプで締め、一晩置いておきます。

Img_4459

"A"の補強リブの部分は両面を3mm段落としにしてみました。
場合によっては、この部分は着色したほうがいいかもしれません。組み上がってから考えることにします。

Img_4460

2015年10月20日 (火)

A-テーブルの製作

ガラスのA-テーブルです。

なぜ"A"なのかって?
アルファベットの第一字、私のイニシャルですが、それ以外なんの意味もありません!(笑)

あっ、この図はあくまでイメージ図ですのでこの通りにはできません。

0001qv

まず、メインフレームの支柱の両端にホゾを切ります。
いつものように直角切り函で所定の深さまで溝を入れます。

Img_4447

テノンカッターで不要部分を切り落とします。

Img_4449

全ての部材(と言っても4ピースです)が揃いました。

Img_4450

今回は支柱の曲線加工を旋盤でやってみます。
ホゾの両端をホールドして外周をラフィングガウジで丸く挽きます。

Img_4451

一番細くする位置にパーティングツールで所定の深さまで切り込みます。

Img_4452

スピンドウガウジでイメージの曲線になるように挽きます。あとはサンドペーパーをかければ終了です。

実にスピーディです!ワークを旋盤にセットしてから15分程度です。
いままでだとバンドソーで曲線引きをして、スピンドルサンダーで平滑にしてからクイーンアンビットで4回(実際には一発で加工できないので8回〜12回)の切削加工が必要ですので1時間はかかります。

欠点は

1)面白い形の端材ができない!!!
(ぜんぶ切削屑となってしまいます。)

2)長手方向の曲線は今回は非常にシンプルです。もっと複雑な形でも出来るんですが、一方、円周方向は画一的な一定の円弧となってしまいます。

3)高速で切削するとシャツの第一ボタンまできっちりかけていても切削屑がシャツやパンツの中まで侵入して来る!
(今回はアレルギー性の低いカリン材でよかったですが、モアビやウエンジだともっと悲惨なことになります。)

Img_4455

2015年10月19日 (月)

寄せ木のデコレーション入りオルゴール-1

8月に作った寄せ木の飾り板を入れたオルゴールボックスの製作です。

寄せ木の飾り板と対にする表板の一つを作ります。

柾目の黄檗の板3枚を接ぎ合わせて200mm巾の板を作ります。

Img_4432

木目と直角方向に30mm巾にカットします。

Img_4433

1枚おきに30mmずらせて接着します。

Img_4437

両側の耳を切り落として鉋で仕上げます。
光の加減で微妙なチェッカー模様(市松、石畳、あられ)の板ができました。

Img_4444

今回は4台分の木取りをしました。

中央の板が蓋の表板となります。(左から黄檗、サテンシカモア、ウォールナッツが2枚です。)
上の4枚が側板です。デザインにより、厚み、巾が少し異なります。
寄せ木の飾り板は3枚なので1台は飾りなしのシンプルな箱となります。

Img_4438

2015年10月18日 (日)

折りたたみスツールの製作 座板の取付け

オイルもほぼ乾いたので#320のスーパーファインで研いで、仕上げの3101ノーマルクリヤーで磨いてつや出しをします。

#240での素地研磨がしっかり出来ていれば家具等は目の粗い管孔材の場合は#320でもじゅうぶんきれいに仕上がります。

Img_4430

一晩置いてさっそく組立てました。

Img_4439_2

ラッチ金具の取付けはこんな感じです。

Img_4443

で、製作中のオルガンを置いてみました。
我ながらなかなかいいバランス!!(???)

左右の側板は絵を描いてもらうため取外して厳重に包んであるのでありません。今付いているのは音量調整と調律用の仮の盲板です。(笑)

Img_4441

2015年10月16日 (金)

折りたたみスツールの製作 脚の製作 その2

内側になる脚同士の支点に3°の転び角を付けたつなぎを捻れが出ないように注意して接着します。
ポニークランプでしっかり圧着して一晩置きます。

Img_4416

つなぎが接着できた内側の脚の支点にM6インサートをねじ込み、外側の脚を取付けて、4つの座面取付け端の平面出しを行います。転び角を付けた分、平面加工からすると3次元的に捻れているので定盤の上に乗せて2.7mm厚の合板に白書きを固定した物で平面の墨付けをします。

Img_4418

毛書き線のわずかに外側を鋸で慎重にカットします。

Img_4420

豆鉋で毛書き線まで削って仕上げます。

Img_4422

4本の脚が座板にぴったりフィットするようになりました。

Img_4424

直角切り函を使って昇降盤で座板受けが入る溝を切ります。

Img_4425

溝が切れました。

Img_4427

座板受けが溝にきつめにはまるように厚みを調整してからタイトボンドを塗って圧入します。

はみ出たボンドをよく拭き取って重しをかけて2時間以上置きます。

Img_4428

座板は当初、脚とともにフォールディング式にするつもりでしたが、スライド機構等が必要となるので位置決めガイドとアンティーク風ラッチ金具で簡単に取付け取外しが出来るようにします。

座板は面取りも出来たので下に写っている位置決めガイドを整形して座板の裏に取付ければ一応形は完成です。
但しまだ細部の磨きや面取りが残っています(なにが大変かといって、これが一番手間がかかるんです!)

Img_4429

2015年10月15日 (木)

折りたたみスツールの製作 脚の製作 その1

今回のスツールは図面なしで思い付きとインスピレーションのみでの製作です。

脚を折りたたみ式にするにはX型に組むのが一般的ですがタダの直線的なX字では面白みがないので曲線とします。
上下対象のカーブではなく、見た目の安定がいいように微妙に変えてあります。交差する支点も中央ではなく、下から60%の位置にしました。材料はあまり分厚いのも野暮ったいので20mm厚の目の通ったウォールナッツを使いました。

まず形を決めて3mm厚の合板で型板を作ります。(左端にちょこっと写ってます。)
型板で周囲と支点の墨付けをしてバンドソーで切り出し、スピンドルサンダーで仕上げます。

Img_4408

支点にあけた2mmの孔に釘を差し込み、座の高さと脚の開度を確認して切り欠き部の墨付けをします。

座面は脚と座の間に貫が入るので最終高さは少し高めの45cmの予定です。

Img_4409

交差部分をトリマーで5mm彫り込みます。
本当は1/2厚さまで彫り込めばいいのですが、厚みが10mmになってしまい、強度的に少し不安なので変則的ですが5mmずつの切り欠きとしました。

まあこの辺は図面を起こして製作する場合は図面の段階で脚の厚みと交差部分の厚み、強度、全体的なフォルムについて検討するんですが、いろんな角度から検討するあまり、現実的で隙がなく出来上がった物が面白みに欠ける場合もあります。

Img_4414

交差部分にストッパー機能が付いたのでサポートしなくても自立できるようになりました。
前後方向の角度はこのままの垂直でもいいのですが見た目と実際の安定度を上げるために前後方向に約3°の転び角を付けることにします。

座面のフォールディング方法や脚交差部の支点の細かい構造等まだ今晩寝ながら考えなければなりません。(笑)

Img_4413_2

2015年10月14日 (水)

第24回 乙訓工芸作家展のお知らせ

0001wr

0001m8

折りたたみスツールの製作 座面の凹加工

ポルタティーフオルガンの演奏用スツールを作ることにしました。展示台としても使えます。
固定式であればデザインの範囲が広がり、製作も楽になりますが、かさばるのと持ち運びに不便なため、折りたたみ式とします。材は広葉樹としては軽いめのマホガニーを座板に、脚はウォールナッツを使うことにしました。

座板は中央部を凹ませます。ルーターでの加工も考えましたが、一番大きなビットでも50Rくらいなので昇降盤に250mmのブレードをセットして横摺でアールを付けました。直径250mmなので125Rのゆったりとしたカーブになります。
横摺はブレードの横方向に切削屑が排出されるので恐ろしいほどの切り屑が出てきます。

Img_4403

残った段差を鉋で横摺りして平にします。

Img_4401

ほぼ形が整いました。

Img_4402

曲面用のペーパーホルダーを駆使して滑らかに仕上げます。

両サイドの緩やかな2000Rの加工と面の仕上げは脚の取付け等、全ての加工が終了してから行います。

Img_4407

2015年10月13日 (火)

バロックリュートの夕べ

今日は夕方からカフェ・モンタージュへバロックリュートを聴きに行ってきました。

Img_4404_2

いつもの入口のランタンが出迎えてくれます。

Img_2030a_2

プログラムは17世紀から18世紀にかけてのドイツのリュート音楽

演奏はドイツ在住の蓮見岳人さんですが学生時代から7年間京都におられたらしいです。

リュートはギターと違い、11〜14コースにそれぞれ共鳴弦を持っているので20〜24本くらいの弦が張られています。
なんとも言えない独特の響きです。
この楽器はやはりコンサートホール向きではないですね。ここのような狭いカフェ(40名で満席です。)やサロン、教会で演奏されるのが最も似合っています。

とても充実した一夜でした。♩

Img015

2015年10月12日 (月)

オルガンの製作 その-27 本体の組立て準備

パイプ固定の行程が終わったのでこれでやっと側板を外して接着部分をマスキングし、オイル仕上げができます。

その前に前板の裏にパッキンとなる革を貼ってもう一度ふいごを取付け、ガスリークの確認と音出しテストを行います!♪♫♩♬

まだ調律は出来ていないので音程は合ってませんが、音階らしきものが奏でられます!
また、各パイプの音量にも多少のばらつきがあるので、完成後、調律とともに各パイプの空気量を調整しなくてはなりません。まだまだ先は長いです。  
Festina lente !! (笑)

Img_4395

各パーツを全てバラバラに外してオイル仕上げを行います。

Img_4397

左右の側板の丸い部分には時の音色さんに絵を描いてもらいますのでオイルはかけません。

絵が出来て来るまでは約一ヶ月続いたポルタティーフオルガンの作業はお休みです。

Img_4399

オルガンの製作 その-26 パイプの取付-2

固定用ブロックが接着できた後列のパイプを全て差し込み、垂直と隣のパイプの間隔を確認して2mmの真鍮釘をブロックに差し込んでパイプ固定ビームに軽く押して仮固定します。

Img_4388

後列のパイプを固定した状態で前列のパイプを差し込んで後列と同じように2mmの真鍮釘を差し込んで位置を決めます。

前列、後列の釘をほんの軽く打ち込んで固定ビームに穴開け位置をマーキングします。

Img_4390_2

固定ビームを本体から一旦外し、角度穴あけジグとバイスを使ってボール盤でφ2.5の穴をあけます。

Img_4391

固定用の釘は先端の尖った部分をヤスリで丸めておきます。

Img_4393

固定ビームを本体に取付け、パイプを差し込んでみました。
まずまずの出来です。

Img_4394_2

2015年10月11日 (日)

オルガンの製作 その-25 パイプの取付-1

フルーパイプはオルガン本体にφ8の真鍮パイプを介して差し込むだけですが、安定して整然と並ぶようにパイプ上部をホールドする部分を作ります。

まず、山桜の材から□11.5mmの角材を作り、長さ18mmに切り揃えます。
この角材のセンターに真鍮の2mmのピン(真鍮釘を使います。)が通るように孔を開けますが、正確に中央に開くようにセンターを出します。

Img_4378

けがいたセンターに正確にポンチを打ちます。
ど真ん中に孔を開けるための重要な行程です。

Img_4379

旋盤に4ツ爪チャックを取付けて2mmのドリルで穴開けします。
細い孔は高速回転で加工しますが、孔が深くなると切り粉の排出が悪くなるので途中でドリルを戻して切り粉を排出します。
無理矢理開けると中でドリルの先端があらぬ方向に行ったり孔が広がったりします。また、ドリルの寿命も短くなります。

Img_4380

孔を開けたブロックの先端を本体のパイプホルダーの角度に合わせてカットしますが、今回この新兵器?を使ってみました。
(取付けてしまえば見えないので直角のままでもいいんですが、面がピッタリ合ってないと何だか落ち着かないので・・・)

マイタートリマーと言われる物で留め切りや直角切りの仕上げに使う物ですが、フェンスを0〜90°の任意の角度にも固定できます。今回は52.5°にセットしました。
留め切りの場合は写真のロックピンの位置でフェンスが正確に45°にセットできます。

要するに超強力押し切りですが、分厚い加工は出来ませんので薄くスライスしていく感じです。
こんな小さい物でも安定してカットできます。(これを昇降盤で安全に行うにはかなりタイソウなジグが必要となります。)

Img_4382

こんな切り屑が出ます。
左上の斜めの刃がブレードです。(ギロチン?)

Img_4384

パイプに取付けるブロックが出来ました。

Img_4385

昨日パイプにマーキングした線の0.5mm上にブロックを接着します。

Img_4387

今日は昼前に買い物と午後から大阪ガスの点検があるので家で待機しなければなりません(軟禁状態?)ので作業はここまで。

待ち時間の間にブログアップ完了です。(笑)

2015年10月10日 (土)

オルガンの製作 その-24 本体の仮組立-1

今日は朝から気合いを入れて彫刻刀を真剣に研ぎ(いつも真剣に研いでいるんですが・・特に念入りに!)昨日の彫刻の粗彫りを仕上げました。底を三角刀でさらって、二つ折りにしたペーパーで掃除して彫刻は完成です。

早速、側板、前板を仮組しました。背中にふいごも取付けて空気を送ってみます。
まだ前板の裏にパッキンが入っていないので少し空気漏れしますが、他の部分は大丈夫のようです。(気密構造には少々自身がありますので・・・笑)

牛革のふいごが少々重い(重量も操作感も)なあ・・・折り畳む部分の裏鋤きをもっとするべきだったかも、山羊革か鹿革の方が良かったかもしれません。

Img_4371

鍵盤両サイドの飾り板を現物合わせで長さをカットします。

フルーパイプ間の隙間が少し狭いのでパイプの仕上げを兼ねて両側を0.5mm削ることにします。

Img_4375

前列のフルーパイプを抜き取り、パイプ固定板を所定の位置に仮止めします。
最終的には側板に接着しますが補強用の極細木ネジをねじこみます。締める時にずれないように反対側をしっかりクランプしておきます。

Img_4376

各パイプに固定板の位置をマーキングしてから外します。
前列のパイプも同様に固定板の位置をマーキングします。

背板上部の飾り板も長さを合わせてカットしておきます。

Img_4377