プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

100弁オルゴールの響板

来春の作業に向けて100弁オルゴールの響板の穴開け加工をしました。ベースプレートの下にメカが出ているのでけっこう複雑な形となっています。
おまけに巻き上げシャフトをサイドに出すためにマイターギヤを一段追加するのでそのための機構部品設計も兼ねての穴開けです。

Img_5012

マイターギヤの部分は実際に取付けてみて穴加工を追加しました。

写真では追加のシャフトはまだ置いたままですので軸受けやハンドルの着脱方法、形状を考えなければなりません。

Img_5013

表側は何事もなかったように取り付いています。
響板に取付けると音色も心なしか、しっかりしたように思えます。

Img_5015

今年の工房での作業はこれで終了です。

来年もよろしくお願い致します。

2015年12月30日 (水)

アンティークオルゴール レストアその3

今日は工房の大掃除ですが、その合間にちょっと作業を・・・と言うより、作業の合間に小掃除という感じです。(笑)

切り替えレバーと表示プレートも鉄板だったので錆びを落として磨き、塗装をしました。

スプレー缶できれいに塗装するには下地の処理は言うまでもないですが、塗装する部品の温度を60℃以上に上げ、スプレー缶も45〜50℃の湯で15分くらい暖めておきます。こうすることにより、スプレー缶の内圧が上がり、塗料の粒子が細かくなって、ムラになりにくく、また部品に付着した瞬間に溶材が揮発するので立った面でも流れにくくなります。

今回使ったシリコン系塗料は指触乾燥時間30分と書いてありますが5分でOKです!
塗り終わったらストーブのそばで60℃くらいまで上がる位置にワイヤーを張って乾燥させておきます。

薪ストーブは遠赤外線も多く放射されているので理想的な焼き付け塗装です。

Img_5011

アンティークオルゴールの箱ですが、実はこれが一番の厄介な物でして、響板が見事に割れています。そしてよく見ると前板の収縮により、響板で突っ張られて前板と右側板の下の部分の接合が外れて前板の塗装にも割れが入っています。

それに木工家のはしくれとして、どうひいき目に見てもあまり丁寧な造りの箱ではありません。(表面はきれいに仕上げてありますが見えない部分はかなり手を抜いてあります。)

Img_4982

Img_4933

前板の底のラフな鋸目の部分に鉋を掛けてみると材質はマホガニーではないかと思われます。それに引き換え、この響板は普通は目の通った柾目材を使うんですが、なぜか目の粗い板目材が使われています。(なぜこんなアンバランスな使い方をするのか理解に苦しみます。)

この箱を修復するのは無理と考えて、この箱は取っておき、同じ形、構造の新しい箱を作ることにしました。
本体はマホガニーの在庫が無いのでサペリ、響板にはスプルースの柾目材を使います。

0001de

0002f5

2015年12月29日 (火)

アンティークオルゴール レストアその2

工房の大掃除を明日に延期してアンティークオルゴール、レストアの続きです。(いっぺんにやってしまわないとバラした部品やビスの組み立てを忘れてしまうので・・・笑)

一番手ごわいガバナーもバラバラに分解しました!左の赤い小さな玉はエアブレーキ(中央下の羽根車)用軸受けのルビー?です。
ビスの頭は1本づつ旋盤のチャックに銜えてスチールウールで磨いておきます。
古いグリスや油を灯油で洗浄してスチールウール"0000"で磨き、アルコールで拭いた後、CRCを軽くスプレーして、きれいに拭き取ります。

Img_5001

無事、元通りに組立て完了です。
ウォームギアや軸受けにグリスアップして、動作も完璧!

Img_5002

塗装の終わったベースプレートにスプリングモーター、シリンダー、ガバナーの順に取付けます。
スプリングモーター以外は全てノックピンが打ってあるのでチョー簡単です。
スプリングモーターはスパーギヤとシリンダー先端のピニオンギヤの噛み合わせだけなので、そんなにシビアではありません。

Img_5006

最後にコーム(櫛歯)を取付けますが、これもノックピンが打ってあるので、ほとんど位置合わせの調整フリーです。
低音側(左側)だけ、ほんのわずか前後方向の微調整が必要でした。

まだ、ほんの僅かコームがシリンダーに近づき過ぎの感じもしますが、とりあえずはムーブメントの修復完了です。

Img_5007

6曲の内、1曲は「君が代」であることがわかりましたが(これ、解らんかったら、あんた日本人ちゃうやろ!と言われそうです。)後の5曲は未だ、わかりません。その内2曲はなんか聞いたことあるような・・・という感じですが、たぶん編曲はスイスでやっていると思うので、これがまた微妙にアレンジされていることも考えられます。

アンティークオルゴール レストアその1

ムーブメントをバラバラに分解して各パーツを清掃、磨きます。

まずスプリングモーターのバネを完全に巻き戻した状態とし、コーム(櫛歯)を用心深く外します。
このコームには位置決めピンが2本打ってあるので一応、安心です。

かなり硬度の高い鋼のようでスチールウールでこすってもぜんぜん傷が付きません。
黒っぽい斑点はいくらこすっても取れませんが、これは黒錆のようなのでこれ以上、進行しないと思います。
(現物は写真で見るよりもっと光ってるんですが・・・)
肝心の櫛歯が変形したりするといけないのでこの程度に留めておきます。

Img_4992_2


コームの背面ですが鋳物のチャンネルが鑞付けしてあります。
アンティークでは普通なんでしょうか?初めて見ました。コームの位置合わせを簡単にするためですかね?

Img_4993_2

低音部のトゥースの先端です。この細い湾曲した針金がダンパーです。
3本くらいがトゥースの先端とわずかにずれていたのでヘッドルーペを掛けてピンセットで修正しました。

Img_4996_2

シリンダーの表面はやはりニッケルメッキでした。
黄色〜茶色がかった斑点は素材の真鍮ではなく、ひょっとしたらシリンダー内部に充填されているレジン(たぶん松脂)が溶け出した物かもしれません。初め、中性洗剤とぬるま湯を付けてブラシでこすったのですが取れなかったのでアルコールを少量付けてこすったところ、簡単に取れました。アルコールが飛んだ所は白っぽくなるのでやはり松脂のようです。
白っぽい残さは中性洗剤で洗い流し、ぬるま湯で洗って低温ブローで良く乾燥させました。(熱風を当てると内部の松脂が溶け出して悲惨なことになるので)

Img_4988

スプリングモーター部です。

スパーギヤやバレル(香箱)巻き上げハンドル等は真鍮製と思いますが、これもメッキされています。

総じてアンティークメカの方が現代の物より各パーツの分解が簡単にできるように作られているようです。

Img_4990

さて、ベースプレートですが、これは亜鉛ではなく鉄の鋳物です。

表面はたぶんゴールドの塗装が施されていたようですが当時の塗料が悪いためか金色がほとんど飛んでしまっているようです。そして、お世辞にもきれいな塗装とは言えないのですが・・・裏面には流れた跡があるし、端面は塗るのか塗らないのかはっきりせい!という感じ!!

中性洗剤を付けてブラシでこするとまだらに金色となりましたが・・・これは真鍮のワイヤブラシを掛けて、脱脂を行い、アクリルスプレーで簡易焼き付け塗装をしようと思います。

Img_4997

裏面は鋳物の吹きっ放しで黒皮のままです。

Img_4999

どこにもメーカー名やロゴマークが入ってないのが少々気になります。(普通はベースプレートかコームに誇らし気に刻印されるんですが・・・)
シリンダーやスプリングモーターの側面にはシリアル番号、またはロット番号と思われる数字が刻印されています。

2015年12月28日 (月)

旋盤のジグ---主軸用ハンドル

旋盤でタップやダイスを使ってネジを切る時は主軸を手で回して加工しますが加工径が大きくなると主軸のチャックは直径が80mmしかないので回すのに骨が折れます。
そこで主軸の貫通孔を利用して簡単に着脱可能なハンドルを作りました。

Img_4968

ハンドルの直径は160mmなのでチャックのちょうど2倍です。理論的には半分の力で回すことが出来ます。

構造は主軸の貫通孔に差し込んだロッドの先端に割を入れて、テーパー状のナットをネジで引っぱり、割を開いて主軸に密着させて固定します。

Img_4965

下の写真が全てのパーツです。

左がマホガニーのハンドル、センターには市販のM10フランジナットを埋め込みました。
右上が製作したテーパーナットと市販のM10×110ボルト、樹脂製のノブです。
右下は主軸貫通孔に通すロッドで先端は内側をテーパー加工し、スリ割りが入れてあります。

Img_4964

ロッドの先端にテーパー孔の加工をしている所です。
手持ちのテーパーリーマが長かったのですが、この旋盤の芯間ぎりぎりいっぱいで何とか加工できました。
この後、バンドソーで十文字に所定の位置までスリ割りを入れます。

Img_4962

テーパーナットに回り止めキーの溝を1mmのエンドミルで切っています。深さは約1.4mmですが一回の切削は0.2mm程度にしないと怖いので、7回往復しました。

本当はこの加工はエンドミルではなく、フライス用の丸鋸刃でやれば効率的なのですが、まだ準備していませんので・・・

溝を切った後、1mm厚の真鍮板の切れ端を圧入してヤスリで仕上げます。

Img_4963

2015年12月26日 (土)

シカモアの製材

今日は久々の製材です。先日の「木のかおり」展で購入したしシカモアの1枚を製材してみました。
人工乾燥材なので買ってすぐに製材できます。

乾燥材は価格が高いのですが、歩留まりがいいので、桟積みしたり、乾燥行程の手間や乾燥中の割れや捻れ、反りのリスクを考えるとかえって安いかもしれません。今回は4枚の共板を購入しましたが今日製材したのはその内の1枚の割れが入った物です。

楽器用に使われる物はみごとな縮み杢が入ったりしていますが、この値段ではそれはないでしょう。(笑)
それでも柾目に近い所ではシカモア独特の杢があります。
一番左のは15mm厚でけっこうきれいな板が取れました。右の短い3枚は割れの入った部分を取り除いたもので辺材部分には2枚目の写真のような杢が出ています。

シカモアはカエデ科の木ですが、板屋楓やハードメープルに比べるとかなり柔らかく軽いです。
さて何に使うかなぁ

Img_4986

Img_4987

2015年12月25日 (金)

旋盤の改良の続き

旋盤の引き続いての改良はチャックハンドルです。

チャックハンドルはチャックの爪を開閉するための工具で頻繁に使用します。
当初はハンドルのレバーに赤い樹脂製のキャップが被せられているんですが、これが実にいい加減な代物で抜けやすく手触りも悪いんです!!

早速、ドゥエルカッターでφ12.7の丸棒を作り、中心にφ8、深さ43mmの穴をあけて圧入しました。
深穴と両端の面取りは木工旋盤で加工しましたが外周はドゥエルカッターの螺旋状の加工痕をそのまま残しました。
ちょうど滑り止めになっていい感じです。木工旋盤と違って切削油を頻繁に使用するのでその内にいい感じのオイル仕上げになってくると思います。(笑)

Img_4969

2015年12月24日 (木)

旋盤のジグ---刃物ハイトゲージの製作

仕掛かりの旋盤用の刃物ハイトゲージですが、まだ直径の大きな6mmと10mmのエンドミルが入って来ないため、しびれを切らせて5mmのエンドミルで残りの加工を行いました。

ワークをクロステーブルに固定したバイスで掴んで加工します。

Img_4954

加工完了です。細いエンドミルなのでフライス加工特有のリボン杢?の数が多いです。(笑)

Img_4955

ヤスリで面取りしてスチールウールで磨いて完成です。

Img_4957

使い方はクロステーブルの上に置いたゲージの先端を芯押し台に取付けたセンターの先に合わせます。

Img_4958

センターの高さを拾ったゲージに刃物の先端が合うように刃物を刃物台に取付けます。

回転センターを使う加工の時はゲージは要らないんですがセンターを使う加工は滅多にないので、その都度センターを芯押し台に取付けるのはけっこうじゃまくさいんです。それにゲージの高さを一旦セットしておけば刃物台をクルッと回して見やすい位置で刃物の取付が出来るので便利です。

Img_4959

2015年12月23日 (水)

旋盤の改良

注文していたクイックレバーが入荷したのでミーリングアタッチメントのクイル固定ボルト、旋盤の芯押し台固定ボルト、刃物台の固定ボルト、そしてミーリングアタッチメントのクイル固定ボルトをキャップスクリューからクイックレバーに交換しました。これでL-レンチなしで、迅速、確実に各部位をロックすることができるようになりました。

レバーのオレンジ色が映えます。(笑)

Img_4951

刃物固定台はバイト固定ボルトへのアクセスがしやすいように15mmの高さのカラーを真鍮丸棒で作りました。

Img_4953

芯押し台は2本のレバーが干渉しないようにカラーの高さを8mm変えてあります。

Img_4952

これでかなり使い勝手がよくなりましたが、まだまだ改良する所はありそうです。
これから実際に使用してみて、ぼちぼち改良を加えて行きます。

2015年12月22日 (火)

アンティークオルゴールバラバラ事件

正月にゆっくり行うつもりのレストアの準備のために箱の接着部分を除く各部を解体し、内部のムーブメントを取り出しました。

CHANGE---REPEATレバーはリンク部分が外れていただけでCHANGEの位置にするとシリンダーがうまくシフトして、問題なく動作するようです。

Img_4935

ガラスの内蓋の蝶番を外すのに短いマイナスドライバーが必要で、手持ちがなかったのですが買いに行くのも面倒なので先の傷んだプラスドライバーの先端をグラインダーで整形して作ってしまいました。柄は10mmの真鍮棒を最近仕入れた金属加工用の旋盤で挽いてみました。

Img_4947

取外したムーブメントです。
部材の各部もしっかりと分厚いのでずっしりと重いです。
保存状態もそんなに悪くなかったようで櫛歯やその他の鉄のパーツも錆はほとんど浮いていません。

シリンダーは通常、真鍮の生地のままですがこれは真鍮にニッケルメッキを掛けてあるのかもしれません。
メッキがかかっているとレストアがちょっとめんどうです。

収録されている曲は6曲で全部、琴の曲のようです。私には曲名がわかりません。
レストアできたら、そのうち琴を演奏できる人に聴いてもらいましょう。

Img_4936

一番気になっていた櫛歯の裏面も先端にロウ付けされたダンパーが変形せずきれいに付いています。
鉛のウエイトも白い粉(酸化鉛)を吹いていないのでひと安心!

ムーブメントの各部にはオイル分も残っており、あまり演奏されていなかったように見受けられます。
珍しいので購入したが家宝?として飾られて、代が替わって蔵に仕舞い込まれたままだったのかもしれません。

Img_4949

シリンダーの両側面には識別番号らしき物が刻印されています。これは香箱側

Img_4940

こちらはガバナー及びシフト機構側です。

Img_4945

天板の絵は何かの木の花をバックに3つの静物が描かれているようで、その一つはクラリネットのようですが他の2つは中央部分の絵の具が剥げていることもあり、よくわかりません。

Img_4948

これで構造が把握できましたのでわりとスムーズにレストアできるのではないかと思います。
一番の問題は響板の割れで、交換するとなると側板に溝を切って嵌め込んであるので側板の接着部分を外さなければならないのですが、この時代なら接着剤はニカワと思いますので蒸気か湯で外せるとは思いますが、塗装があるので塗装も剥離または欠落してしまうので、悩ましい所です。

2015年12月21日 (月)

アンティークオルゴール入手!!

アンティークオルゴールを手に入れました!

先日の「木のかおり」展で骨董と陶芸作品を出展しているYさんが「古いオルゴールがあるけど見てみる?」と言われたので、もちろん二つ返事で持って来ていただきました。

Img_4932

蓋の裏にあるべき曲目カードや銘板がありませんのでメーカー名や曲名はわかりません。
真鍮のリベット(釘?)の頭は残ってるんですが・・・
箱の造りは非常にしっかりしておりガタや隙間等は出ていませんが、響板は見事に割れています。
この巻き上げレバーの形状からすると100〜150年前の物ではないかと思われます。

Img_4933

さて、かんじんの音ですが、おそるおそるハンドルを巻き上げると現在のに比べると巨大なガバナーの羽根車が実にゆったりと回り出し、シリンダーが回転して、軽快ではあるが深みのある音色で鳴り出しました。♪♫♩♬

Img_4928

中蓋のガラス窓をあけて中を見ます。
櫛歯やシリンダーに、若干の錆はありますが、損傷しているようなところはなく、演奏音にも濁りやビビリはないようなので櫛歯の裏のダンパーもたぶん、損傷はないと思われます。

Img_4929

この重厚な歯車とハンドルがなんともたまりませんね!
Orpheusの歯車なんかはこれの1/3程度の厚みしかありません。今はコンピューターでシビアに強度計算も出来るので必要ない部分は全部、削ぎ落とされているんでしょうが、わたしはこのアンティークオルゴールの深みのある音にも関係しているような気がします。ペンペラペんの部品は共振しやすく、重厚な部品は共振しにくい、したとしても周波数が低くなるのであまり耳障りな音にはならないでしょう。ジェット機と蒸気機関車のノイズを比べてみてください(笑)

Img_4934

右側の袖にはCHANGE---REPEATとSTOP---PLAYの切り替えレバーがありますがCHANGE---REPEATレバーは内部でリンクが外れているのか故障していて切り替わりません。

まぁ、この程度であればなんとか私の手に負えるだろうということで、買ってしまいました!!♩♫♪♬

今年の正月もゆっくり出来そうにありませんね! わくわく!!!

Img_4931

2015年12月20日 (日)

木のかおり」展終了

「木のかおり」展が無事終了しました。

今年は二日間、天候にも恵まれたくさんの方々にご来場いただけました。
この場を借りてお礼申し上げます。

2015年12月19日 (土)

「木のかおり」展開催

「木のかおり」展が開幕しました。

今年は例年より1週間遅い第3週目ですが今日、明日とも、まずまずの天候に恵まれそうです。
(確か毎年、どちらかの日に雨に見舞われることが多かったので会館前広場の材木屋さんは大変だったんです。(笑))

会館入り口にはおなじみの北山の草餅屋さんも販売されています。塩昆布やちりめん山椒もありますよ。

Img_4920

メイン会場入り口にはクリスマスツリーの飾り付けが出現しました。

朝早くから大勢のお客様に来ていただけました。ありがとうございます。

Img_4917

私のブースは一番奥の舞台の上です。

今年は高価なオルゴール以外にお求めやすい価格のコースターや料理用のヘラ、そしてクリスマスツリーもたくさん用意しました。端材で作った超お買い得のカードスタンドは今日でほとんど売れてしまいました! すみません。

明日も9時から開催しておりますので、どうぞお越し下さい。

Img_4923

2015年12月18日 (金)

「木のかおり」展2015開催

今日は午後から「木のかおり」展の搬入でした。

明日、明後日の二日間の開催です。
最終日の20日は午後4時までですので、お早めにお越し下さい。

2015

今年はこんなコーナーもあります。
たまたま入手したティッシュペーパーボックス向けの同じ桐材を使って8名の作家がそれぞれのティッシュペーパーボックスを作りました。作り手が変われば同じ材料でも全く違った感じとなります。

Img_4916

表の広場では材木や草餅も販売されますので、どうぞ覗きに来て下さい。

2015年12月17日 (木)

ひっそりと

工房へ向かう途中、地獄の逆を登り切った所に紅葉がありますが、杉林と竹薮に囲まれて昼の少しの間しか日が射しません。

色もそんなに鮮やかではなく、ほとんどが黄色ですが、それでも遅ればせながら色づいてきました。

それにしても今年は遅いです。

Img_4912

2015年12月16日 (水)

スプーン仕上げの続き

スプーン下部のラインをフリーハンドで適当に墨付けします。(この「適当」は「いいかげん」の意味ではなく、上面のカーブや凹部のへこみに適したラインです。)

このくらいが1ロットに適した量ですね。(笑)

Img_4905_2

バンドソーで墨線の上をカットします。

Img_4907

オシレーティングスピンドルサンダーで曲面を付けていきます。

このサンダーはドラムが上下しながら回転するので研磨痕がほとんど付きません。また目詰まりしにくいのでペーパーも非常に長寿命です。凹面はもちろん、凸面も慣れればうまく掛かりますので微妙な曲面の研磨には欠かせません。

Img_4909_2

あとは愉しい楽しい(苦しい苦しい?)手磨きを経て、やっと最終のオイル仕上げです。

2015年12月15日 (火)

スプーンの仕上げ

作業台の特性バイスで固定して、ノミをマレットで叩いて荒彫りします。

Img_4899

あとは手で少しずつ彫っていきます。
欲張って多めに削ると刃が食い込んで修正にかえって時間がかかりますから、少しづつ場所を変えてノミ痕をなくすようなつもりで彫り進みます。
できるだけ平滑になるようにノミ痕をさらえておくとサンドペーパー掛けがずいぶんと楽になります。

Img_4901

今日は夕方から雨で、暗くなって来たので、このくらいにしておきます。

上の5本が完成品、中の5本は丸ノミでの加工が終わった物です。下の7本は凹部の中央にドリルの穴がありますが、これはノミでの彫り込み深さの目安です。

Img_4902

凹部にサンドペーパーを掛けると親指の爪が減って来ます!
サンドペーパーが滑らないように外向けの2枚折りで掛けるので反対側の爪も削れて行きます。(笑)
指をまんべんなく使えば爪もきれいな形にあんると思うんですが、力の入りやすい、使いよい部分は決まっているのでそうはいきません。角を落とした消しゴムを使ったり、薄手の革手袋をはめる手もあるんですが、やっぱり指直接が掛けやすいですね。スポンジ状のペーパーは研削力が弱いので最後の仕上げには最適ですが、整形用には向かないです。

小さな凹部の加工は大変ですが、皆さんどうされてるんでしょう?

Img_4904_2

2015年12月14日 (月)

続々と

大量生産品が続々と仕上がって来ました。

写真はティアドロップコースターの最終ロット品の乾燥中です。

Img_4896_2

こちらはビー玉を打ち込んで最終乾燥中のものです。

Img_4898

ツリーも完成して、来週に備えて箱の中でお休み中?

Img_4897

2015年12月12日 (土)

旋盤固定台とスプラッシュボードの製作

卓上旋盤はオプションのミーリングアタッチメントを付けたために背面に元々ついていたスプラッシュカバーが使えません。

作業台の上に直接置くのも移動等を考えると不便なので専用の置台に固定して、台の後部に少し高めのスプラッシュボードを取付けることにしました。

金属加工では基本的に切削油を使うので、これがないと後の壁が大変なことになります。

固定台にはちょうど良い寸法の30mm厚の合板があったので所定の寸法にカットして取付穴等の加工を行い、シルバーのアクリルラッカーで塗装しました。(なぜシルバーかって?・・・シルバーのスプレーが余ってたからです。・・笑)
本当はステンレスのシートを貼付けるといいんですが・・・また、汚れがひどくなったら考えましょう。

Img_4891

30mm厚の合板はさすがに存在感があります!
おまけに4隅にホームセンターで見つけた洗濯機用の防振ゴムをゴム脚のように加工して取付けました。
直径5cmはあります! スリップしないのはいいのですが、その分、移動がちょっと大変です。

Img_4893

2015年12月11日 (金)

卓上旋盤で試作

昨日、クロステーブルの「カミソリ」を調整して切削面のビビリがけっこう解消されました。

テストピースを削り直してこれでバイト刃高調整用ジグを作ります。

Img_4879

テストピースを銜え直して反対側を少し小さめに挽きます。

Img_4880

刃物台をトップスライドに替えてテーパー削りを行います。
トップスライドはバイトを任意の角度で斜めに送ることが出来ます。

Img_4881

テーパー加工した方の中心にドリルで穴をあけ、M5のタップを立てます。

旋盤を使うとこういった一連の加工が簡単に精度よくできます。

Img_4882

一作目にしてはまずまずの出来です!

Img_4885

旋盤のチャックにM5ダイスを固定して芯押し台のチャックにφ5の真鍮棒を掴んでM5のネジを切ります。
この場合はもちろん旋盤のチャックを手で回して加工します。
ポイントは芯押し台をフリーにして軽く手で押しながら切っていくのと、真鍮棒にたっぷりタッピンググリスを塗布することです。

Img_4886

こんな感じになりますが真鍮角棒の先端はフライスで斜めにカットすれば完成です。

まだ、現在エンドミルを調達中なのでフライス加工はおあずけです。(笑)

Img_4887