プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 木彫ドレッサーの製作-2 | メイン | 木彫ドレッサーの製作-4 »

2016年4月27日 (水)

木彫ドレッサーの製作-3

鏡の枠と支えを切り離す前に止めねじの穴を両側から開けます。

Img_6185

鏡と鏡押さえの入る段欠き加工も切り離す前にルーターで掘っておきます。
その方が部材がある程度大きいので安全に安定して加工できます。

Img_6186

段欠き加工が出来ました。鏡を入れて確認しておきます。
鏡と枠のクリアランスは1〜2mm程度なければなりません。ピッタリだと木が収縮した時、枠か鏡のどちらかが割れてしまいます。

Img_6187

バンドソーで枠と支えを切り離します。

Img_6188

支えの外周を加工し、枠に支持金具をネジ止めして鏡固定ネジを仮止めし、枠の動き具合や固定状態を確認しておきます。

枠の上部は彫刻のデザインによりカットされるので少し余裕の長さにしてあります。

Img_6190

鏡押さえを杉板で切り抜き、真鍮木ネジで裏から固定します。
デザイン上、段欠きの巾が狭いので木ネジによる枠の割れを防ぐため木ネジは5°傾けてねじ込みます。

Img_6191

一応、鏡枠と支えの部分が完成しました。次は下部の引出し部分にかかります。

Img_6192

コメント

ガラスや鏡を組込む時はとても気を使います!

そうですか…。段欠きの幅が狭いときは角度つけて。そっか…。
と、一つずつ納得しながら読んでおります。(笑)

コメントを投稿