プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月12日 (火)

ブリーフケースが完成

蓋の裏にペンホルダーと名刺入れを取付けて完成しました。
手前はサペリ、後は左がシカモア、右はウォールナッツです。

Img_6052

名刺入れの押さえは真鍮板の鏡面仕上げです。名刺が取り出しやすいように側に小さな凹みを付けてあります。

Img_6049

ペンホルダーと名刺入れの部分は側板と同じ樹種を使っています。

Img_6046

Img_6042

2016年4月11日 (月)

ひつじが一匹・・・

ひつじさんがいっぴき・・ひつじさんがにひき・・・ひつじさんが・・・・夢の中ではありません。

これ、夷川のYARN & SOILさんのショーウインドウです。
先日、カフェ・モンタージュさんに行った時にたまたま前を通りかかりました。すでにお店は閉まってましたがショーウインドウにひつじさんがたくさんいたので思わずパチリ!というわけです。

Img_6040

2016年4月10日 (日)

音の椅子背板の変更完了

背板の手術完了です。

Img_6037

僅かに大きかったかな?

なぜか箒とツーショットです。(笑)

Img_6036

何のゲーム?

はて、これは何のゲームでしょう?

(ただ単純に並べてみただけです。)

Img_6035

パガニーニ

今日はまたまたカフェ・モンタージュへ

本日のプログラムは何とヴァイオリンの鬼才パガニーニのカプリースです。それも事もあろうに24曲全部を一挙に演奏するという、大それたプログラムではありませんか!!

全曲通して演奏すると90分近く掛かりますから演奏者のみならず聴く方も真剣勝負です。(笑)
カプリースとはイタリア語で「気まぐれ」ですからつまり即興演奏のカデンツァみたいなもんです。当然、緩徐楽章等ありませんから寝てる暇はありません。演奏者も聴衆も真っ向真剣勝負です。

演奏者の高木和弘さんは長岡京室内アンサンブルのメンバーでもあるので何度も演奏会ではお目(お耳?)にかかっているのですがあらためてその凄いエネルギーとテクニックに感動しました。 Bravo!!

しかし、この曲集は毎日聴く物ではないですね(笑)
なんせ、重音奏法や左手ピッツィカートのオンパレードです。でもよく聞くとメンデルスゾーンのコンチェルトによく似たテーマと奏法が使われていたり、リストやラフマニノフ、ブラームス等もその一部をピアノ曲の編曲したりしています。

いやいや、今夜は実に中身の濃い演奏会でした。

Img_6041

2016年4月 8日 (金)

春本番!

昨日の春の嵐で桜も全部散ったかと思ってましたが、けっこう残ってました。

Img_6003

車に踏まれていない所は美しく残っております。

Img_6005

おなじみの西洋タンポポ

Img_6007

これもどこででも見られる大犬のフグリですがその名に似つかわしくない小さくて可憐な花です。

Img_6008_2

はて、これは何でしょう?
梅干しの元、梅の実なんですがまだ直径7mm、長さ10mmちょっとしかありません!

Img_6016

こちらは八重桜の蕾です。満開になるのは今月末くらいだったかな?

Img_6018

レンギョウのクローズアップです。シンプルな花ですね。

Img_6020

ん?、これは何の実?それとも花?

Img_6021

隣の開いているのを見るとなにやらぎっしり詰まっています!

Img_6022

シロバナヘビイチゴ、5月頃には真っ赤な実が成ります。

Img_6024

ビワの実もまだ小指の先くらいの大きさですが、しっかり実を付けています。

Img_6026

山椒の若葉と花ですがまだ咲いていません。小さな黄色の花がもうじき咲きそうです。

Img_6027

工房のある限られた敷地内だけでも春は特に毎年新しい発見があり、目を楽しませてくれます。

音の椅子背板の変更-2

ハープの飾りが出来たのでオイルを塗って乾燥中です。

Img_6033

エッグスタンド完了しました。

残りの欅を磨き終わり、全開塗り忘れの2個を含めて42個にオイルを掛けました。

オイルが乾燥したら再び磨かなければなりませんが、ひとまずやれやれです。

Img_6032

2016年4月 7日 (木)

音の椅子背板の変更-1

在庫の音の椅子の背板の彫刻が どうも気に入らないのでこのハープをモチーフにした飾りを入れることにします。

Img_5983

弦の部分を糸鋸できれいに切り抜く自信がないので(特に柾目の板の目に沿ってまっすぐ切るのが難しい)トリマーで加工します。設定さえきっちり行えば超簡単ですが、3mmのビットなので高速回転で、送りをゆっくりにして加工します。
フェンスに遠い方から加工しますが1本目はキックバックを受けやすいので切削深さを3mmにして2回に分けて切り抜きます。2本目からはプライムカット方向の力がスリットで逃げてくれるので一発で切り抜きますが、十分にキックバックに注意します。(本当はフェザーボードで押さえればいいんですが・・・ビットが細いのでキックバック力も弱いだろうと省略しています。しかし、あのフェザーボードなる物、安全のためとは言えなんとも使いにくい物ですね。)

実はこの写真、調子に乗って1本多く加工して6弦になってしまったので失敗作です!(涙)まあ、これは他の何かに使えそうなので取っておきます。(笑)

Img_5982

弦の加工が出来たウォールナッツとベースになる鬼胡桃に型紙を貼付け、両方を固定して糸鋸でハープの輪郭を切り抜きます。

Img_5998

ベースと本体を接着して一晩置きます。

Img_5999

エッグスタンド ノルマ達成!

今日は朝から雨、雨、雨・・・・こんな日はおとなしく作品を磨くしかありません。

今日のノルマはちょっと多めのカリン14個、昨日は楓と水目の合計15個を仕上げたので私としてはけっこうハイピッチで進んでいます。

いつもはペーパー掛けは昇降盤のテーブルを定盤代わりにやるのですが、今日は雨で暗いのでワークベンチの上で・・・ここならハイチェアに座ってできますし・・・笑

Img_5984

先ずはこのサンダーの#80の傷を#120のペーパーで横方向に研磨して縦の筋を消します。

なぜサンダーで縦に削るかは、サンダーの場合あっという間に削れてしまうので、出来るだけ元の形を崩さないで平均して削るために面積の大きい底面をテーブルに沿わして加工するためです。

Img_5989

#120でサンダーの筋を消したら今度は#240で磨きます。

Img_5992

さらに#400で磨いた後、スコッチ、ウルトラファインで軽く磨いてやっと終了です。

Img_5994

底面や各コーナーも#400まで仕上げます。

裏や底面は往々にして仕上げのグレードを落としがちですが裏といえども手を抜いてはいけません。

Img_5995

残るは欅が11個です! 今週中に何とか40個が完成しそうです。

2016年4月 6日 (水)

春は駆け足で・・

朝、蕾だった紫木蓮がお昼の陽気に誘われて開きました。
白い辛夷の花と交代です。春は駆け足でやってきます。

Img_5979

花壇には今年もイフェイオン(スプリングスターフラワー)が・・まだ一輪ですが咲きました。

Img_5975_2

2016年4月 5日 (火)

木工材料展示販売のお知らせ

いつもお世話になっている中源銘木さんが今年も4月29日(金、祝日)にいつもの場所で木工材料の展示販売を行われます。

木工愛好家は是非どうぞ、掘り出し品があるかも・・・

Img_5966

またまたエッグスタンド

またまたエッグスタンドを挽いてしまいました。しかも40個!
先日創った物を含めると合計53個です。

今日挽いたのは前列左から欅、楓、水目が各2個、右の3個はカリンです。
これだけ並べると壮観ですが、しかし、この新しい40個を磨くのが実は大変でして・・・私の場合は一日10個が限度です。(職人にはなれそうもないなぁ)

明日から昼食後にでもちまちま磨くと致しましょう。

Img_5974

桜満開!

ニューイングランドの桜が満開です。

Img_5969

Img_5970

雨に濡れたバックの緑が鮮やかです。

Img_5971

昨日の雨と風で花びらもけっこう散っていました。
濡れたアスファルトとのコントラストもなかなかのものです。

Img_5972

工房前の道沿いではコスミレの群落も

Img_5973

2016年4月 4日 (月)

オルガンの調律-2

今朝は室温が15℃と暖かいんですが薪ストーブをかなり盛大に焚いております!

そうです、今日もオルガンの調律をしなければならないので早く室温を20℃まで上げるためと、雨が降っているので工房内の湿度を下げるためです。(当工房にはエアコン等という文明の利器がありませんので・・・笑)

お茶もすぐに湧きますし、一石二鳥です。
Img_5967

工房内の温度が安定してしばらく経ってから半音キーのパイプを昨日と同様に少しずつ切って合わせます。
昨日は昇降盤で切ったのですが、その都度発電機を回さなくてはならず、面倒なので今日はウォーミングアップ中に専用の切り函を作りました。

これで手鋸でも直角に精度よく切断できます。

Img_5968

調律は一応出来ましたが各パイプの音量調整やふいご操作による音程の安定性等を調整する必要があります。
これはパイプの歌口の隙間や角度等の微妙な調整が効くのでじっくりと取り組む必要ありです。

これは一般的な木工作業より疲れますね。(笑)

2016年4月 3日 (日)

オルガンの調律-1

気温が20℃くらいで安定して来たのでいよいよポルタティーフオルガンの調律にかかります。

最近は便利な物がありまして、これはスマホで使えるチューナーです。

切り替えで基準音の発生と拾った音の高さを表示してくれる2つのモードがあります。

Img_5599

調律は各パイプの長さを少しずつ切って合わせます。
切りすぎると元に戻せないので慎重に少しずつ切ります。(切った物を貼付けるという手はありますがみてくれが悪くなるのでこれは絶対に避けたい所です。)

今日は気温の安定した午後から始めて半音キーを除くキーの調律が一応できました。

しかし、ふいごを押す力によっても音程は微妙に変わるので、ふいごはいつも一定の力で押さなければなりません。
本当はふいごとレジスターの間にアキュムレーター(バッファータンク)があればいいのかもしれません。
演奏はキーボードよりふいごの操作の方が難しいかもしれません。

夕方になって気温が少し下がって来たので半音キーは明日にします。

Img_5965

4月の工房

いまいちはっきりしない空模様ですが、それでも桜は満開です!

Img_5951

お向かいの辛夷もまんか〜い!!

Img_5954

黄色のチューリップも・・・
でもたった5輪しか咲いていない・・・。

Img_5955

良く見ると回りに予備軍の蕾が育って来ていました。
次は何色かな〜〜?

0001yf

2016年4月 2日 (土)

春を呼ぶオルゴールのしらべ

今日はわら天神近くの町家カフェ、Bea's Goodyさんで「春を呼ぶオルゴールのしらべ」と題してオルゴールコンサートに出演して来ました。

Img_5937

まずは、カウンター上のニワトリ親子にごあいさつ!
今日はひよこちゃんもオルゴールが聴きたいのか、玉子の殻を外してもらっておりました(笑)

Img_5944

時の音色さんとのコンサートはピッタリ息も合っているので始めての場所でも順調に設営が完了。

Img_5935

今回のコンサートは休息時間に黒豆珈琲とケーキも食べていただきますのでテーブルの周囲に椅子を配置したレイアウトです。

Img_5936

設営が早めに終わったので昼食を我らが広報部長のんちゃんイチオシのCafe dish らふさんでいただき、平野神社をぐるっと回って会場に戻ります。
今日は曇りがちですが暖かい土曜日の昼過ぎとあって、境内はすごい人、人、人!!

桜は見事に咲いていました。

Img_5941_2

平野神社の駐車場付近に可憐な花が咲いていました。花大根かな?

Img_5943

今日のコンサート予約は10名そこそこでしたが、11時前には当日申込の方が続々来て下さり、ほぼ20名の満席?となりました!
皆様、ありがとうございました。

時の音色さんの創作紙芝居の間は私は手持ち無沙汰ですのでにわかカメラマンに変身!

Img_5949a

Img_5950a

コンサートのプログラム終了後も展示したいろんなオルゴールを皆さんに観て、聴いていただき、とても充実したコンサートとなりました。

コンサート終了後もたまたま入って来られた方が昔、オーディオマニアで今は趣味で陶芸と木工をやっているとのことで話が盛り上がったり、また、ドールハウス作家のEさんも来られる等して、結局撤収完了は7時をまわっていました。(笑)

黒豆珈琲のTさん、時の音色さん、長時間お疲れさまでした。

2016年4月 1日 (金)

エッグスタンド

作品を作っていると木取りの段階で木口にわずかなヒビの入った部分の切り落としや巾決めした後の細長い材がたくさん余って来ます。みんな木目のきれいな端材ですから捨てるに忍びない訳です。

今日はたまたまそんな端材の内の小さな正方形の切り落としを眺めながら昼食に使うため家から持って来た玉子をバッグから出して閃いたのです!・・・・エッグスタンド!!!

で、さっそく製作に取りかかりました。

四角い端材を正方形に揃えてウッドレースで玉子の乗る凹みを作ります。

Img_5924

玉子をあてがって径と深さを確認。

Img_5925

バイトの当て加減をゆるくして細かい粉を出し、仕上げ削りをします。

Img_5926

面をゆるやかな凸面に挽きますが正方形なので回転していると外周はほとんど見えません。
切削音と勘だけを頼りに外周を挽きます。

Img_5927

まずまずの出来ですね。

Img_5930

けっこうたくさん出来ました!
カリンとサペリ、クラロウォールナッツの3種類です。

Img_5931

なかなかいい感じです。

Img_5932

本物の玉子は食べてしまったので、飾りの玉子もついでにつくっておきました(笑)

Img_5934