プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月14日 (土)

ややこしい名前

シカモア・・・この名前の聞いて思い浮かべる木はほとんどの人があのヴァイオリンの裏板やサイド及びネックに使われている美しい杢の出たメイプル(楓)だと思います。

ところが最近銘木屋さんで「シカモア」と称して売られている木にどう見てもこりゃあ楓じゃないだろうという木がありまして、板目面は少し赤味のかかった橡のように見えるし、柾目面には楓族には現れないレースウッドの様な斑点の杢があります。
(これはこれで、特徴的で、レースウッドのように焼けた感じもなく色白でとてもきれいで魅力的なんですが・・)

いろいろ調べてみると最近出回っているのはアメリカンシカモアでこれはカエデ科ではなくスズカケノキ族プラタナス科の木で学名のplatanusの英語読みがそのまま木の名前になったようです。
日本によくある「スズカケノキ」はモミジバスズカケノキという樹種でその葉っぱがモミジ(楓)の葉とそっくりな所から付いた名のようです。

Img_6289

ちなみにモミジとはもともと秋に紅葉する樹木の総称でその代表的なカエデのことを意味するようになったようです。
また「楓」という字は中国ではカエデではなくフウ(マンサク科)のことでこの漢字が渡来した時は日本にはフウの木はなかったのでカエデにこの字を充てたようです。

で、問題のヴァイオリンに使われるシカモア(ヨーロピアンシカモア)ですが、これはメイプルの仲間のグレートメイプルやオオカエデ、ニセスズカケノキで正式な流通名は「ホワイトシカモア」らしいです。和名は「セイヨウカジカエデ」です。
ヨーロッパ中部から西アジアにかけて産出され、中でもフランス産の物が最高と言われています。
材の産出量や流通コストの面から日本にはあまり入って来ないと思われます。(国内で流通しているメイプルはほとんどが北米産でしょう。)

気乾比重は0.54〜0.63で、北米産のハードメイプルや日本のカエデ(0.67〜0.7)に比べてやや軽く柔らかい。

そしてまたややこしいことに中央アフリカ産の「サテンシカモア」という木もあります。(アカテツ科のシルバーハートという木の波状杢の出た物をサテンシカモアと呼ぶ)

《サテンシカモアの例》

Img_1191

《波状杢の出たカエデ》

Photo

《カエデの小箱》

Photo_2

みんな、それぞれ美しい木ですから、本名で登場して欲しいもんです!

2016年5月13日 (金)

神戸探訪

今日はかねてからオルゴールコンサートをすることになっている私の妹分の時の音色さんの妹分であるKさんの花工房JOUERを訪問してコンサートの打合せに行きましたが、神戸方面に行くついでに以前から一度行ってみたかった竹中大工道具館にも立ち寄ることにしました。(どっちがメインや!とつっこまれそうですが・・・笑・・どっちもメインです。)

先ず、北神急行の新神戸駅で時の音色さんと待ち合わせて大工道具館へ
この一見入口らしくない佇まいの入口がいいですね。実はこれは自動ドアの表面に名栗加工された化粧板が貼付けてあるんです。

Img_6300

エントランスを入るともう1枚自動ドアがあります。

Img_6299

一階ホールには今月の企画展、「船大工」に関する独特の道工具や工法が展示、紹介されていました。
素材に同じ木を使っても家大工の使用する道具とはかなり違った物があります。

Img_6298

地下一階には常設展の大工道具と木組みに関する資料やサンプルが展示されています。

下の写真は昭和18年に調査された本格的な家屋を作るために必要とされる大工道具179点の展示です。
安普請であっても最低限、72点は必要であったとのことです。

Img_6290

これは蛙股組み(かえるまた)といわれる社寺仏閣等の建築の梁と組み物の間に使われる雑作でその形が蛙が足を開いたような形からきています。

Img_6291

こちらは一般的な日本家屋の小屋組の構造と各仕口を示した物です。

Img_6292

地下二階には鉋鍜治の不世出名工、千代鶴是秀の作品と彼の鍜治工房が再現されています。

明治、大正、昭和に渡って作られた彼の鉋刃にはその命名もさることながら、まるで魔物が潜んでいるような美しさがあります。
本来、鉋や鑿は消耗工具ですからよく切れる(名品)は大工や木工家達にどんどん使われていって、今、残っている物は数も少ないらしいです。

Img_6295

彼の工房で使われたヤスリや銑、ゲージ等の道具も興味深い物です。

Img_6296

竹中大工道具館は入館料、一般¥500ですがシニア(60才以上)はなんと¥200です!(笑)

大工道具館はいつまでいても飽きませんが、おなかも空いて来たので昼食を取って花工房JOUERへ向かいました。

花工房JOUERさんでのコンサートは詳細が決まり次第、またお知らせ致します。

2016年5月12日 (木)

旋盤用ジグ、アタッチメントの収納箱その2

枠の裏、表とも、接着のわずかなズレで生じた目違いをカンナで払います。

Img_6277

合板の裏板を接着し、設置場所に置いてみました。
ここの床は水平が出ていないのでそれに合わせた下駄を履かさなければなりません。
いいかげんな工事をしておくと、こんなところにまでその影響が及んできます!(反省)

Img_6280

収納箱の本体が出来たので扉の製作にかかります。

レイル&スタイルビットを使用してルーターテーブルで扉の枠を作ります。
(手前がレールビット、奥がスタイルビットです。本来はドアや窓枠用なのでもっと大型のビットですが、これはキャビネットや小箱用の小型の物です。)

枠に使用する板の厚みからレールビットの位置(高さ)を決定し、レールビットによる全ての加工が終了してからスタイルビットに交換して高さを合わせます。

Img_6284

レールビットによる加工は短辺側になるため、安定して送れるようにマイターゲージを使用します。

Img_6282

スタイルビットでの加工です。
本番の加工前に同じ厚みの端材を切削して先のレールと組み合わせ、目違いが出ないようにビットの高さを微調整しておきます。こうしておけば後の修正がほとんど不要となります。

Img_6283

扉の枠組みが完成しました。

ビットの調整と材料の平面と直角さえ出ていればホゾ組に比べて超簡単です。
調整された一組の成形ビットを使うので接着面がぴったり合い、へたなホゾ組より強度的にも優れているかもしれません。

Img_6286

レイズドパネルビットを使って枠に嵌めるパネル(鏡板)を作ります。
今回は扉を軽くするために杉を接ぎ合わせた物を使いました。

Img_6287

パネルを仮組してみました。
明日はちょっとお出かけなので帰ってからゆっくり細部を確認して、接着するつもりです。

Img_6288

桐の花

布袋工房さんの裏にある桐の花が朝日に映えて輝いていました。
この右横にはもう少し青みがかった藤の花もあるんですが、こちらは先週くらいで最盛期を過ぎたようです。

3日間雨が続いたので久々の晴天は空気も乾燥してとても気持ちがよかったです。

Img_6276

2016年5月11日 (水)

旋盤用ジグ、アタッチメントの収納箱その1

旋盤横の作業台上に山積みになっているアタッチメントやジグをこれから訪れる高温多湿の環境から守るという大義名分の基、古いタモを製材して収納箱の製作に取りかかりました。

収納箱の設置場所はここしかないので必然的にこのスペースの寸法となります。(W:1200、H:750、D:150程度)

Img_6270

扉を除く全ての部材の機械加工が終わった所です。

Img_6269

仮組して溝の位置等に間違いがないかを確認します。

Img_6268

3枚の棚板と中央の仕切板を接着

Img_6271

次に天板をネジ止めし上部の仕切板を圧着します。

Img_6272

底板を同様に固定して、枠組みの完成です。

Img_6273

2016年5月 9日 (月)

PROXXONのボール盤復活

35年くらい前から使っていたPROXXONの小型ボール盤ですが、ドライブベルトが切れてずいぶん前からお蔵入りしていました。

本体とベースはアルミダイキャスト製で小型軽量の割には丁寧で本格的な造りで精度も良く、木工の軽作業やプリント基板の穴開けには重宝していました。

オリジナルはウレタンゴムの平ベルトでしたが注文するのも面倒なので最近購入したウレタンのゴムロープで丸ベルトを作ってしまいました。

Img_6266_2

プーリーは当然平ベルト用のタイコ状なのでプーリーを外して旋盤で丸ベルト用の溝を加工しました。

モーター側のプーリーです。丸ベルトの断面に合わせた総形バイトを作って加工すれば完璧なのですが、先端を少し丸めただけのバイトを使って手で送ったので少々段が付いています。

Img_6265

主軸側のプーリーです。

Img_6264

平ベルトの比べて伝達効率もいいような気がします。

PROXXONのシリーズはもともとホビー用で糸鋸盤は全くのパワー不足でこれはだめです。丸鋸盤もパワー不足ですが、薄くて柔らかな材料ならけっこう使えます。フライスは使ったことありませんが、これもパワーが足りないと思います。
それらの中ではこのボール盤が最も良いと思います。但し、加工径は6.5mmまでですね。

Img_6263_2

2016年5月 8日 (日)

おいしいタマネギ

工房の近くで畑もやっているHoさんから取れ立てのタマネギをいただきました。

そうです!先日の焼き肉パーティや天ぷらパーティでも話題になったおいしいタマネギです。

Img_6262

早速、家で夕飯の一品にオニオンサラダを作りました。
鰹節を振りかけて、好みでドレッシングか醤油を少し垂らしていただきます。

少し流水にさらしておいただけで辛みが全くありません。噛み締めるとタマネギ独特の甘さが・・・うまい!!

Img_6267

帰りがけに衣さやえんどうまでいただきました。Hoさん、ありがとうございます。またよろしく・・・笑

マイナスドライバー

自家製の頭の大きなマイナスネジに合うドライバーが市販品にはありません。
スローアウエイの自動カンナの古い刃を使って作ることにしました。

まずカンナ刃をグラインダーで適当な長さに切断して刃を殺してしまいます。
次に先端がマイナスネジの溝にぴったり合うようにスロースピードグラインダーで成形します。
柄は桜材の丸棒があったのでウッドレースで挽いてブレードの入る先端にバンドソーでスリットを入れ、回し挽き鋸でスリットを慎重に拡げます。(ブレードの厚みと回し挽き鋸の厚みがどちらも1.6mmでぴったりでした!)

ブレードをスリットにエポキシ系接着剤で固定し、固まったら鑿で余分の接着剤を削り取ってきれいにします。

Img_6251

接着部分に凧糸をしっかりと巻き、補強します。

柿渋を塗って乾燥中、特に凧糸にはたっぷりと吸い込ませます。

Img_6254

凧糸の端がほつれないようにボンドを塗っておきます。
柿渋が完全に乾燥したらオイルでさっと拭いて特製ドライバーが完成です。

Img_6258

2016年5月 7日 (土)

CDラック完成

底板を接着して、木ネジの穴をダボで埋め、オイルを塗って完成です。
欅は1回塗りでも充分な程の艶が出ます。
午後になって空気も乾燥して来たのでよく乾きそうです。

Img_6256

美しき水車屋の娘

昨夜はカフェ・モンタージュへ、昨日のプログラムはシューベルトの「美しき水車屋の娘」です。

ミュラーの詩を元に作曲された名曲で全20曲で1時間ちょっとの演奏時間です。

粉挽き職人の青年の恋と失恋、入水を歌ったものですが、モンタージュの髙田さんが話されていた小川の意味合いも、当時のシューベルト自身の悩み等を考えるとう〜ん、なるほどと思わせるものがあります。

小川はドイツ語でBACHですが、冒頭、2曲目で小川よと問いかけ、また小川への感謝等、たびたび出て来ます。そして終曲では小川の子守歌「海が飲み尽くすまで、私のもとに横たわりなさい。やがて目覚めるその時まで」と締めくくります。

うーん、対位法と大BACH(小川)そしてシューベルト・・・

昨夜もすばらしい時間をいただきました。

Img_6250

2016年5月 6日 (金)

CDラックの製作-2

裏板の入る溝を切り、棚板と天板を接着し、細長のネジで締め付けます。
底板は裏板を嵌め込んでから接着します。

Img_6243

裏板はこんな感じで収まりますが現物合わせで最適な長さにカットして溝に嵌めるための切り欠きを昇降盤で取ります。
今回の機械加工はすべて昇降盤を使いました。

Img_6244

裏板の加工が出来たので底板を嵌めてみて不具合がないか確認しておきます。

Img_6245

仮組してみました。

Img_6246

上部と下部は位置決めのダボと特製の真鍮ネジで締結します。

なぜ上下分割にしたか?・・・側板に使用した板が短かったため・・・ただそれだけの理由です。
結果的に約半分の重さと寸法なので持ち運びや2階に上げるとき楽です・・笑

明日、底板を接着して磨き、オイル仕上げをすれば完成です。
今回はあり合わせ材による工作でした。

Img_6249

2016年5月 5日 (木)

CDラックの製作-1

我が家用のCDラック兼飾り棚です。

良い材料は(もったいなくて)使えませんので乱尺の柾目の欅をかき集めました。
裏板はシオジのこれも乱尺材です。
いやいや、とても素直ないい材料なんですが・・・(虫穴等も少々ありますが・・・)

本体の枠は185mmの材が必要ですが欅は巾が120mm程度しかなかったので全て2枚の矧ぎ合わせです。

Img_6238

仕口はごく簡単に相欠き継ぎと追入れです。締結には細長の木ネジも使います。

Img_6239

仮組してみました。
棚板が10mm厚と、ちょっと薄いのですが欅なので強度的には十分です。

Img_6241

裏板は本核にしたい所ですが板厚が7mmしかないので相欠きとしました。

Img_6242

2016年5月 4日 (水)

鑿の刃研ぎ

昨日は鉋の刃研ぎを半日やりましたが、今日は鑿の刃を研ぎました。

Img_6223

実は今回の仕上げ研ぎにはだいぶ前に買ってあったシャプトンのセラミック砥石「刃の黒幕」なる物を使ってみました。
このセラミック砥石は粒度が#120から#30000まで10種類もあるんです!
その中から用途に応じて選びますが、私はハイス鋼をよく使いますので#12000クリームを選びました。

右の砥石が刃の黒幕です。
中央はダイヤモンドの#8000、左は同じくダイヤモンドの中砥#2000です。
ダイヤモンド砥石は摩耗しない点はいいのですが粒度の大きい物は目詰まりしやすいのかこの#8000は最近研ぎ上がりに時間がかかります。セラミック砥石は摩耗しますが、新しい面を出してやれば切れ味が復活するのでは?と思い、これを購入してみました。(ダイヤモンド砥石ほど高くない)

Img_6225

昨日は洋鉋、今日は洋鑿を研いでみましたが#12000にしては噂通りの研削力で、かなり早く研ぎ上がりました。

写真ではまだ#2000の研ぎ痕が残っていますが、本当はこの間にもう一つ#5000で中間研ぎを行えばベストなんでしょう。

Img_6233

同じ鑿の刃先に露光を合わせた写真です。
左端が少し刃こぼれしてますが、これを修正してから研ぐべきでした!

その内に刃の黒幕#5000を密かに買っているかもしれません(笑)

Img_6232

2016年5月 2日 (月)

天ぷらパーティ

予てより布袋工房のHさんから2日の日はタケノコの天ぷらするから握り飯だけ持っておいでとのお達しがありました。

で、今日はその当日、先日の焼き肉パーティの日とは違って絶好の屋外日和です!
しかしかなり暑くなりそうなのでHさんの手作り市用のテントを張って、そよ風と野鳥の歌声を聞きながらの優雅で贅沢な昼食です。

しかし、今日のメイン主催者?のkazegさんは用意周到でタケノコだけでなく鳥の唐揚げ、三つ葉、たらの芽まで用意されてました! そして先日大好評だったHo氏の畑の玉ねぎも!・・・タケノコには付き物であろうと取って来た山椒の若葉も揚げてみましたが、またこれが山椒のほのかな香りがして口当たりもグーでした。
衣を付けるとせっかくきれいに開いていた葉っぱがグチャッといっしょくたになるんですが、油に入れた瞬間に元通り、きれいに開くんです!
そして油は胸焼けの少ない布袋さん御用達のO食品の米油です。

それで、何が一番美味かったって?
ぜーんぶ美味かったんですが、強いて私なりに順位を付ければ(1)玉ねぎ(2)たらの芽(3)鳥の唐揚げ(4)タケノコ・・・三つ葉と山椒は順位なしの招待参加?、これらは他の物の食間にいただくと、お口直しとして最適です。

実は今回のタケノコは手入れされていない竹薮で採った硬い?ヤツなんですが、天ぷらで食べれば問題なく美味いです。それでも4位ですから、その他の食材がよっぽど美味かったのでしょう。

kazegさん、布袋さん、ごちそうさまでした!
そしてTさん、卵焼きとほうれん草のオシタシ、ミニトマトありがとうございました。

Img_6221

2016年5月 1日 (日)

木彫ドレッサーの製作-7

引出しは本体にあわせてきっちりに作ってあるのでそのままでは入りません。
高い所を少しずつ削ってスムーズに入るように合わせます。

Img_6214

側面は奥の寸法が少しだけ狭くなるように削ります。

Img_6213

引出しが収まりました。

Img_6215

鏡の部分を取付けてみました。

もう一度バラして仕上げ鉋を掛けて完成です。

Img_6217