プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« 集塵フードの考察と改良 | メイン | ウォールナッツの丸テーブル製作-5 »

2016年6月18日 (土)

ウォールナッツの丸テーブル製作-4

脚のホゾ穴を角ノミ盤で加工します。
刃を研いだのでサクサクと良く切れます。大きいホゾ穴を開ける時は必ず4隅から加工します。これは連続して穴を開けて行くと僅かながら角ノミ刃が横方向に逃げるのを防ぐためです。

Img_6628

角ノミ盤で掘った穴をノミできれいに修正します。
左が修正後、右は修正前です。

Img_6629

ホゾ穴の仕上には主に以下の3種類のノミを使います。
上は突きノミ、中央はコーナーチゼル、これは文字通りホゾ穴のコーナをきれいにすっきりと仕上げます。
下は分厚い向待鑿(ムコウマチノミ)この鑿は刃巾が一定で並行に作られおり刃の厚みも分厚いです。もともと深いホゾ穴を大きな玄翁でがんがん掘るための鑿ですが私はこの重さと刃の側面が定規代わりに使えるのでホゾ穴の仕上によく使います。

Img_6634

ホゾ穴完成です。今回は強度を考慮して2段ホゾとしました。

Img_6633_2

貫のホゾを加工します。

昇降盤で深さ方向の溝を4面に切り、長手方向の書き取りを行います。例によって材が90cm以上の長さなので安定してカットできるように完全に直角の出た桜の直方体にクランプで固定して平行ガイドに沿わしてカットします。

Img_6635

ケガキ線が消えるので木口に残っているケガキ先通りにホイールマーカーで再度ケガキ線を書いておきます。

脚のホゾ穴との関係をチェックしておきます。ホゾ組は長手方向の嵌め合いが重要なので明日、加工方法を充分考えてカットすることにします。(今回の貫は巾が100mmあるのでいつも使用する自作の90mmまでのテノンカッターに入らないのです。)

Img_6637

コメント

コメントを投稿