プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« ベンチ完成 | メイン | ニューメカニズム »

2016年9月29日 (木)

レトロな扇風機

夏の間、活躍した扇風機をしまう季節です。

我が工房には3台の扇風機がありますが一番大きな一台は数年前にHCで買った工場用扇風機で、これは3本足がスペースを取ってじゃまになるので製材室の梁に取付けられるように改造して固定してあるので埃を払ってポリ袋を被せるだけです。

あとの2台はかなりレトロな物でして、これらは以前に自宅で使っていた古い物です。

この内の一台が少し前に作業台から落下させてしまい、その時にプラスチックの首振りの切り替えノブが衝撃で割れてしまいました。そこでノブをカリンの丸棒から削り出して取り替えました。

Img_7751_2

首振り機能は工房ではまず使いませんが、ついでにモーターカバー、ファンガード、ファンも取外して分解掃除をしました。

Img_7750

新品同様とはまいりませんがかなり奇麗になりました。

Img_7755

三菱電機のHPで調べるとD30-H2型は1964年製で何と52年前の製品です。(私は中学生でした!)
この時代、まだプラスチックは多用されておらず、この扇風機で使われているプラスチックの部品は割れた首振りノブと羽根、ファンガードのエンブレムそして速度切り替えスイッチのツマミの4点のみです。本体フレームはすべてアルミダイキャストでモーターの後カバー、羽根のカフス、底板、本体下部のモール等は板金製です。
これはモーターさえ壊れなければ修理できるし、長持ちするはずです!ちなみにモーターの軸受けには前、後とも注油口が設けられています。

Img_7753

そしてもう一台はナショナル(松下電器の懐かしいブランド名です。)の少し新しい機種です。

Img_7757

こちらはF-30JZ、1969年生で5年後に発売された製品ですがファンガード以外は全てプラスチックが使われています。
もちろん底板もプラスチックです!

5年の間でこれだけ素材が変わるというのもすごいと思いますが、羽根の形状や微妙なカーブも変化して風量や静穏性が改善されているようです。もっとも当工房では扇風機使用中は発電機を回しているのでその騒音で扇風機の音等、何の問題にもなりませんが・・・(笑)しかし、この2台、持ち上げた感じでは半分くらいに軽量化されています。今自宅にあるのはこのナショナル製よりまだ軽いです。しかし耐久性では昔の機種にまったく太刀打ちできないでしょう。

Img_7758

コメント

kazegさん、
わざわざ調べていただき、ありがとうございます。
ヘルツ?なんのこっちゃ??と今まで慣れ親しんで来たc/sからなかなか切り替えられなかった記憶があります。
いまだにUS等の機器のカタログや説明書には堂々とc.p.s表記の物もあります。

調べてみました。
Hzになったのは、1972年7月1日からだそうです。

大阪万博直後ですね、

はい、ナショナルは高さ調節付きです。後のネジと言うかダイヤルをゆるめると内部のバネで頭が30cmばかり伸びま〜す。
銘板に記載の周波数の表記が「c/s」(サイクル・パー・セカンド)というのが時代を物語っております! Hzになったのはいつからだったでしょう?

こ取説がまたレトロ感ですね。昔の扇風機は重量感あったんですね。三菱電機!明るいナショナル!それに比べたらうちの工房で活躍してるのは、実家で私の独身時代で動いてたものですが、高さ調節と風量調節が付いた当時は画期的なものでしたね。(笑)

コメントを投稿