プロフィール

フォトアルバム

野山のおるごーる仙人

木と音楽を愛する老人のブログです。 定年退職してからは毎日、携帯圏外(時々繋がることもあります?)の山の中に隠ってライフワークの木工に励んでいます。 最近はオルゴールの音色に魅せられて作品の70%以上がオルゴールです。

リンク

  • りょうざい屋
    デジタル角度計やハイトメーター、水分形等木工に使えるアイテムやその他にも面白そうな物を扱っておられます。
  • 山洞金物店
    金属材料のお店です。 一般的には手に入りにくい物がありますよ。
  • ワタナベ機械店
    中古木工機械のワタナベ機械店さんのホームページです。 ホームセンターの日曜大工用機械工具に愛想を尽かしたら行ってみるお店です。仕様、お値段など相談に乗ってくれますよ。
  • 手織りつづれ工房「河野」
    大山崎のつづれ織りと草木染めの工房、ギャラリーです。2階には他の作家さんの作品も展示されており、わたしの作品もちょこっと置かしていただいてます。
  • NONKOのつぶやき
    私や時の音色さんの広報部長様(かってに任命)である、のんちゃんのウイットに富んだブログです。
  • 町家ギャラリー『ぎゃらりー京町』
    福知山のぎゃらりー京町さんのブログです。 私の作品も少し置かせていただいています。
  • 木工芸家 今野祥山の暮らし
    仏像彫刻から家具、建築までこなされるスーパーマン?のブログです。
  • 布袋工房
    隣人の布袋工房さんのHPです。ブログは「回覧版」をクリックして下さい。
  • 時の音色森の旅人
    メルヘンの楽しいオルゴール作家、私の妹分?のブログです。

アクセスランキング

最近のトラックバック

ウェブページ

Powered by Six Apart

« | メイン | ステンドグラスのオルゴール-2 »

2016年12月20日 (火)

ステンドグラスのオルゴール-1

今年の展示会も一段落したので、Hさんに作ってもらったステンドグラスを入れたオルゴールの箱に取掛かります。

まず一枚目はこのダイヤの幾何学模様です。
少し色の浅いウォールナッツと組み合わせることにしました。色は浅いですが縞模様のグラデーションが美しい木です。

このステンドグラスは一番小さいので枠を框組にせず、くり抜いて嵌め込むことにしました。
この方法は木目が切れませんが、枠の収縮と反りの影響が大きくなるので反り止め対策と、ガラスの入る溝巾を少し大きめに取って枠の収縮による逃げを考慮しておかなければなりません。

4墨に小穴を開け糸鋸でくり抜いて切断面を平滑にヤスリで仕上げます。
裏面にステンドグラスの嵌る段欠きをラベッティングビットを付けたトリマーテーブルで彫り込みます。
トリマーでの切り欠き巾は4mmですが長辺側は枠の収縮を考慮してノミで5mmに拡げておきます。コーナーの彫り残しもノミで直角にさらえておきます。

Img_8424

長手方向には1mm弱、短辺方向には2mmの隙間が取ってあります。

Img_8420

表側にはチャンファービットでC4の面取りをしますが、やはり入隅はRが残るのでピシッと角が出て揃うようにノミで仕上げておきます。

Img_8418

一番、気を使うところです!

Img_8419

まずまずきれいに収まりました。

蓋の基本加工が一応完了しました。

Img_8421

コメント

コメントを投稿